[エンタメ市!] 全ジャンル対象! 条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

55人の魂の記録 昭和の遺書 (文春新書)
梯 久美子

803(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2009年09月17日頃
  • 著者/編集:   梯 久美子(著)
  • レーベル:   文春新書
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  248p
  • ISBN:  9784166607136

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

昭和ほど多くの遺書が書かれた時代はない。二・二六事件の磯部浅一は天皇へ呪詛の言葉を投げかけ、死地に赴く山本五十六は愛人に相聞歌を贈った。焼け跡の日本人を勇気づけた美空ひばりが息子に遺した絶筆、そして偉大なる君主・昭和天皇の最後の御製はー。遺書でたどる昭和史、決定版。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 テロと不安と憤怒と(昭和初年〜開戦まで)「天皇陛下、御あやまりなされませ」/第2章 前線に散った人々(開戦〜昭和20年8月)「ああ 戦死やあわれ」/第3章 敗れた国に殉じて(敗戦前後)「一死以て大罪を謝し奉る」/第4章 戦後の混乱のなかで(昭和20年代)「すべて精算カリ自殺」/第5章 政治の季節と高度成長(昭和30〜40年代)「血と雨にワイシャツ濡れて」/第6章 大いなる終焉へ(昭和50〜60年代)「音たえてさびし」

著者情報(「BOOK」データベースより)

梯久美子(カケハシクミコ)
1961年熊本県生まれ。北海道大学文学部卒。2006年、『散るぞ悲しき硫黄島総指揮官・栗林忠道』(新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。同作は、米・英・韓・伊など世界七か国で翻訳出版されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.75

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ