「3」の発想
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 数学

「3」の発想 数学教育に欠けているもの (新潮選書)
芳沢光雄

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年10月
  • 著者/編集:   芳沢光雄
  • レーベル:   新潮選書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  173p
  • ISBNコード:  9784106036514

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
数学の世界では、「3」の発想を会得すれば、それ以上の数の事象についても応用によって解けるケースが多い。ティッシュペーパーやドミノ倒しの原理、オモリを使った計測法、3項計算、三段論法、作況指数とジニ係数など、分かりやすい例を挙げ、いかに「3」を学ぶことが重要かを説く。「ゆとり教育」で損なわれた「考える数学力」が本書で身につく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 つながっていく性質を持つ「3」(ティッシュペーパーとドミノ倒し/あみだくじをどう教える? ほか)/第2章 「3」が要となる世界(ジャンケンはなぜ「3すくみ」なのか/なぜ三角形の学習が必要なのか ほか)/第3章 関係を定める時に必要な「3」(「2項計算より3項計算」の理由/二人三脚と三つ編 ほか)/第4章 現象の特徴を表わすことができる「3」(作況指数とジニ係数/アナログ型の数字では「上位3桁」が重要 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
芳沢光雄(ヨシザワミツオ)
1953年東京生まれ。理学博士。学習院大学理学部数学科卒。東京理科大学理学部教授を経て、桜美林大学リベラルアーツ学群教授。専門は数学・数学教育。「思考できる力」に重きを置いた算数・数学教育が子供たちの創造性には必要であると訴え続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(11件)

総合評価
 4.11

ブックスのレビュー

  • (無題)
    Doujindono
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年06月10日

    3という数字にまつわる興味深い例が解説されています。中には理論的に説明できるものもあれば、よくわからないがそうなっているというものまで様々あることが分かりました。文系の人でも十分読めますが、理系の人にはもうちょっと掘り下げて欲しいという希望もあるでしょう。

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年04月05日

    一つずつつながっていく数学的帰納法や漸化式を学ぶ上で、最初の3つぐらいをきちんと確かめる必要性がよくわかります。また三段論法には、定言、仮言、選言の3つの種類があることを知り、それらを適切に用いた論述文の学習に心掛けたいものです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,080円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ