外来生物クライシス
  • Googleプレビュー

外来生物クライシス 皇居の池もウシガエルだらけ (小学館101新書)
松井正文

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年12月
  • 著者/編集:   松井正文
  • レーベル:   小学館101新書
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784098250615

商品説明

日本固有種を脅かす外来生物たち。その中で特に問題になっている33種を取り上げ、問題点と現実的な対策を探ります。取り上げたすべての生物のイラストも掲載。誰も知らなかったエピソード満載の読み物です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
外来生物によって日本固有種が脅かされている。筆者が皇居内の生物調査に参加したときに目の当たりにしたものは、池の中や水辺を我が物顔で跳びまわるアメリカ原産・ウシガエルの大群だった。現在日本では、動物だけに絞ると約640種の外来生物が定着していると見られている。本書では特に問題となっていて、興味深いトピックスを持つ33種の外来生物の現状を取り上げ、その対処法を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本を襲う外来生物(チュウゴクオオサンショウウオ/タイワンザル ほか)/第2章 人の生活に影響を与える外来生物(セイヨウミツバチ/ハクビシン ほか)/第3章 人間が招いた外来種問題(オオヒキガエル/カミツキガメ ほか)/第4章 人命を脅かす外来生物(ハイブリッドハブ/エキノコックス(多包条虫) ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松井正文(マツイマサフミ)
1950年長野県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科教授、京都大学理学博士、日本爬虫両棲類学会会長。信州大繊維学部卒業後、京都大学大学院理学研究科中退。京都大学教養部助手を経て現在に至る。現地でのフィールドワークを重ねながら、東・東南アジアの両生類の保全や進化史の研究を続けており、この分野では世界的な第一人者として知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

799円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      三度目の日本 幕末、敗戦、平成を越えて
      三度目の日本 幕末、敗戦、平成を越えて

      堺屋太一

      864円(税込)

    4. 4
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    5. 5
      資本主義と民主主義の終焉 平成の政治と経済を読み解く
      資本主義と民主主義の終焉 平成の政治と…

      水野和夫 山口二郎

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ