本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 法律 > 法律

自由であることの苦しみ ヘーゲル『法哲学』の再生 (ポイエーシス叢書 59)
アクセル・ホネット

2,420(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

他者を認めることなく、己れの欲望のおもむくままに権利をもてあそぶ者たちを襲う、自由であることの苦しみ。コミュニケーションなき社会に蔓延する不透明な病理は克服されうるのか。『法哲学』に織りこまれた治癒と解放の論理を病める現代に再生する試み。フランクフルト学派新世代を代表する俊英がヘーゲル、そしてハーバーマスと対峙し、批判理論の新たな地平を切りひらく。
目次
日本語版への序文

I 正義論としてのヘーゲル『法哲学』
   第1章 個人的自由の理念ーー自律の間主観的条件
   第2章 『法哲学』における「法・権利」--自己実現の必然的領域
II 正義論と時代診断の関連
   第3章 自由であることの苦しみーー個人的自由の病理学
   第4章 苦しみからの「解放」--「人倫」の治療的意義
III 近代の規範理論としての人倫の学説
   第5章 自己実現と承認ーー「人倫」のための条件
   第6章 「人倫」の過度な制度化ーーヘーゲル的アプローチの問題

訳者解説1 コミュニケーション的自由の政治思想ーーホネットによるヘーゲル『法哲学』読解(大河内泰樹)
訳者解説2 ヘーゲル『法哲学要綱』とホネットの解釈(島崎隆)
       訳者あとがき
       著者について
日本語版への序文

I 正義論としてのヘーゲル『法哲学』
   第1章 個人的自由の理念ーー自律の間主観的条件
   第2章 『法哲学』における「法・権利」--自己実現の必然的領域
II 正義論と時代診断の関連
   第3章 自由であることの苦しみーー個人的自由の病理学
   第4章 苦しみからの「解放」--「人倫」の治療的意義
III 近代の規範理論としての人倫の学説
   第5章 自己実現と承認ーー「人倫」のための条件
   第6章 「人倫」の過度な制度化ーーヘーゲル的アプローチの問題

訳者解説1 コミュニケーション的自由の政治思想ーーホネットによるヘーゲル『法哲学』読解(大河内泰樹)
訳者解説2 ヘーゲル『法哲学要綱』とホネットの解釈(島崎隆)
       訳者あとがき
       著者について

内容紹介(「BOOK」データベースより)

われわれが治療的な哲学理解の形式的図解を基礎に置くならば、『法哲学』の事実上の出発点を形成するものは、端的に代替となる正義論を立案するという意図ではなくて、まずは自身の現代における生活世界上の欠如または「苦しみ」の知覚である。他者を認めることなく、己れの欲望のおもくままに権利をもてあそぶ者たちを襲う、自由であることの苦しみ。コミュニケーションなき社会に蔓延する不透明な病理は克服されうるのか。『法哲学』に織りこまれた治癒と解放の論理を現代に再生する試み。フランクフルト学派新世代を代表する俊英がヘーゲル、そしてハーバーマスと対峙し批判理論の新たな地平を切りひらく。

目次(「BOOK」データベースより)

1 正義論としてのヘーゲル(個人的自由の理念ー自律の間主観的条件/『法哲学』における「法・権利」-自己実現の必然的領域)/2 正義論と時代診断の関連(自由であることの苦しみー個人的自由の病理学/苦しみからの「解放」-「人倫」の治療的意義)/3 近代の模範理論としての人倫の学説(自己実現と承認ー「人倫」のための条件/「人倫」の過度な制度化ーヘーゲル的アプローチの問題)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ