[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ > DVD > テレビドラマ > 日本
左目探偵EYE(ドラマスペシャル)〈2枚組〉

左目探偵 EYE
山田涼介

参考小売価格:4,180円 662円(15%)OFF!
3,518(税込)送料無料

  • ディスク枚数:
  • 2枚(DVD2枚)

商品基本情報

  • 発売日:  2010年03月17日
  • アーティスト:   山田涼介横山裕石原さとみ
  • 関連作品:   左目探偵EYE
  • 発売元:  (株)バップ
  • 販売元:  (株)バップ
  • ディスク枚数:  2枚(DVD2枚)
  • 収録時間:   92分/113分
  • メーカー品番:  VPBX-13397
  • JANコード:  4988021133975
  • 画面サイズ:  16:9LB
  • 色彩:  カラー
  • 言語:   日本語(オリジナル言語)
  • 音声方式:   ドルビーデジタルステレオ(オリジナル音声方式)
  • 字幕言語:   日本語字幕
  • 制作国:   日本
  • 洋題:  HIDARIME TANTEI EYE DRAMA SPECIAL

商品説明

【ストーリー】
生まれつき左目の視力が弱い主人公の中学生・田中愛之助(山田涼介)は、たったひとりの家族である兄・夢人(横山裕)から角膜移植を受ける。手術は無事に成功するが、ほどなく兄が事故で死んでしまう。それ以来、その左目に衝撃を受けるたび、なぜか自分がこれまで見たこともないような謎の映像が映るようになる。それが兄の死になんらかの関係がある、と推理した愛之助は、その夢人の死の真相を突き止め、敵を討つためにと学校の養護教諭・狭山瞳(石原さとみ)と共に捜査を始める。だが、そんな愛之助の行く手を阻むように、愛之助と瞳の前に正体不明の犯罪組織が立ちはだかる。果たして、愛之助の左目に映る不思議な映像の意味とは?正体不明の犯罪組織が愛之助を襲うその狙いとは?そして、唯一の家族であった最愛の兄の死の真相とは?そんな中、愛之助は1200万の東京都民を恐怖に突き落とす大事件と向き合うことになって…!
【解説】
山田涼介主演!!不思議な左目の力で悪の組織と戦うスピード謎解きサスペンス!

収録タイトル:

[Disc1]
『左目探偵EYE ドラマスペシャル』/DVD
アーティスト:山田涼介/横山裕/石原さとみ ほか
出演:山田涼介/横山裕/石原さとみほか
脚本:秦建日子
プロデュース:櫨山裕子ほか
「左目探偵EYE ドラマスペシャル」
[Disc2]
『左目探偵EYE ドラマスペシャル』/DVD

関連特集

商品レビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2010年03月19日

    発売日を過ぎても何も連絡が無いのですが。。。
    今までこの様な事は一度も無かったので、今回は何かあったのでしょうか?
    1月に予約したのでちょっと心配です。

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2010年03月17日

    1月に予約して本日発売日なのに届くどころか何の連絡もありません。子供が楽しみにしているのにがっかりです。
    *追伸18日に問い合わせのメールを入れましたが何の返答も無いまま19日に発送連絡がありましたがメール便での発送でいつ届くやら・・・今まで何度も利用してましたが今後は無いですね。

    1人が参考になったと回答

  • 特典映像が見たくて
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年06月20日

    主演の涼介くんは、決して順風満帆でJUMPのセンターに立っていません。本当に"努力の人"なんです。
    お芝居も、今の彼の人気も、周りの何倍も努力したそうです。
    お芝居も素晴らしいですが、なんと言っても彼の笑顔は最高の癒しです☆
    本編ドラマのラストのどんでん返しの推理も楽しいし、笑顔いっぱいの特典映像も必見!!
    ファンの方はもちろん、そうじゃない方も絶対楽しめます、オススメですよ♪♪

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入りアーティスト

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入りアーティスト

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    このページの先頭へ