戦後思想は日本を読みそこねてきた
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

戦後思想は日本を読みそこねてきた 近現代思想史再考 (平凡社新書)
鈴木貞美

907円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年12月
  • 著者/編集:   鈴木貞美
  • レーベル:   平凡社新書
  • 出版社:   平凡社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  260p
  • ISBNコード:  9784582855012

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦後の民主主義思想は、第二次世界大戦へと至る過程を帝国主義侵略戦争と規定し、断罪してきた。まるでそのように規定さえすれば、すべての問題が解決するかのようにふるまってきたのだ。しかし、なぜ、その時、「近代の超克」が唱えられたのか、その内実を明らかにすることは、実質的に放棄されたままだ。「近代の超克」をめぐる評価を軸に、日本の近現代思想史を読みかえる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 戦後思想は日本を読みそこねてきた(引き裂かれた日本ー大江健三郎「あいまいな日本の私」/読まれそこないの戦争詩ー吉本隆明『抒情の論理』/融合論はもう沢山ー丸山真男「日本の思想」/人権思想も家族国家論も東西融合)/第2章 丸山真男の歴史意識(螺旋運動というレトリック/通奏低音の正体/革命思想と進化論受容)/第3章 「近代の超克」思想の基盤(「近代の超克」の先駆/大正期へ/大正生命主義は百花繚乱)/第4章 「近代の超克」思想の展開(マルクス主義と大衆社会/日本の使命/「支那事変」と神がかった国体論/「大東亜共栄圏」へ)/第5章 戦後民主主義を超えて(敗戦、占領は、どう受けとめられたのか/ヒューマニズムは戦争に同調した思想を撃てたのか/近代の総体を問う/知のシステムを問いなおす)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木貞美(スズキサダミ)
1947年山口県生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。現在、人間文化研究機構/国際日本文化研究センター教授、総合研究大学院大学文化科学研究科教授。学術博士。日本近現代の文芸・文化史の再編を中心に学際的な共同研究の方法を開発しながら、国際的に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.5

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

907円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴル…

      板橋 繁

      1,296円(税込)

    4. 4
      世界の危険思想
      世界の危険思想

      丸山ゴンザレス

      799円(税込)

    5. 5
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ