本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会

独楽園 (ウェッジ文庫)
薄田泣菫

733(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (文庫)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2009年12月
  • 著者/編集:   薄田泣菫
  • レーベル:   ウェッジ文庫
  • 出版社:   ウェッジ
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  233p
  • ISBN:  9784863100626

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

詩集『白羊宮』などで象徴派詩人として明治詩壇に一時代を劃した薄田泣菫は、大阪毎日新聞に勤めてコラム「茶話」を連載し、好評を博する。人事に材を得た人間観察から、やがて自然や小動物を対象にした静謐な心境随筆へと歩をすすめ、独自の境地を切り拓いた。本書は泣菫随筆の絶顛であり、心しずかに繙くとき、生あるものへの慈しみと読書の愉悦とに心ゆくまで浸るにちがいない。

目次(「BOOK」データベースより)

早春の一日/春の賦/静寂と雑音/佗助椿/花を待つ心/詩は良剤/春菜/神に願ひたい事/土に親しめ〔ほか〕

著者情報(「BOOK」データベースより)

薄田泣菫(ススキダキュウキン)
詩人・随筆家。本名は薄田淳介。1877(明治10)年、岡山県生れ。岡山県尋常中学校(現・岡山県立岡山朝日高校)を中退、上京し、独学する。帰郷して詩作に勤しむ。99年、第一詩集『暮笛集』を刊行。『ゆく春』『白羊宮』などの詩集で、蒲原有明とともに泣菫・有明時代を築く。大阪毎日新聞に勤め、コラム「茶話」を連載し好評を博する。パーキンソン病に罹患、晩年は口述筆記により執筆。1945(昭和20)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 5.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ