平気で冤罪をつくる人たち
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

平気で冤罪をつくる人たち 誤判は必然的に生まれる (PHP新書)
井上薫(法律家)

756円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
菅家利和さんの無実が確実になった足利事件。男性にとって決して他人事ではない痴漢冤罪。これらの悲劇はなぜ起こるのか。「起訴された刑事事件の有罪率ー九九%」という驚くべき数字は、本当に妥当なものなのだろうか。実は日本の裁判官には、誤判を必然的に生んでしまうある心理傾向が存在する、と著者は指摘する。元裁判官だからこそ告発しうる冤罪の根源から、日本の司法の「建前」と「現実」の甚だしい乖離が見えてくる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 有罪率九九%の疑問/第2章 足利事件に見る誤判の原因(足利事件の概要/DNA鑑定の光と影  ほか)/第3章 痴漢冤罪の場合(典型事例で考える/水掛け論でも有罪 ほか)/第4章 冤罪は必然的に起こる(告告人無罪推定の原則/裁判実務上の原則逆転 ほか)/第5章 冤罪蔓延がもたらすもの(裁判所の暴走/国民の基本的人権が有名無実化  ほか)/第6章 冤罪根絶のために(裁判腐敗の現実を知ってほしい/裁判所信仰を断ち切る   ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井上薫(イノウエカオル)
昭和29年東京都生まれ。東京大学理学部化学科卒、同修士課程修了。民間の研究所に就職後、独学で司法試験に挑戦し合格。61年判事補、平成8年判事任官。平成18年判事退官。平成19年弁護士登録(東京弁護士会所属)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 2.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

756円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      三度目の日本 幕末、敗戦、平成を越えて
      三度目の日本 幕末、敗戦、平成を越えて

      堺屋太一

      864円(税込)

    4. 4
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    5. 5
      資本主義と民主主義の終焉 平成の政治と経済を読み解く
      資本主義と民主主義の終焉 平成の政治と…

      水野和夫 山口二郎

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ