本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
日本人はなにを食べてきたか
  • Googleプレビュー

日本人はなにを食べてきたか (角川文庫 角川ソフィア文庫)
原田信男

802円(税込)送料無料

獲得ポイント:

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本人はなにを食べてきたか 637円
紙書籍版 日本人はなにを食べてきたか 802円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
コメはいつから主食となり、肉はなぜ忌避されてきたのか。縄文時代の木の実から現代のハンバーガーまで、社会のシステムのなかで日本人はどんな食べ物を選び、どんな料理や文化をかたちづくってきたのか。祭祀・儀礼や宗教、政治・制度、都市の形成など、各時代の歴史背景と深いかかわりをもつ「食」。中世から近世にかけて築かれた「米社会」と、文化としての料理の発展など、日本の歴史に直結する「食生活」通史の決定版。

【目次】(「BOOK」データベースより)
“食”の重みー食生活史の視点/木の実の利用ー採取と狩猟からの出発/米づくりと社会と文化とー水田稲作と国家の発生/“聖”なる米の選択ー古代国家の水田志向/農業と自然ー中世の農業と食生活/“穢”された肉ー中世前期の食生活と宗教/米への希求ー中世後期の食生活と差別/料理と政治ー日本料理の変遷と儀式/米社会の完成ー近世食生活の位相/茶懐石の発展ー近世料理文化の形成/“遊び”と料理ー近世料理文化の爛熟/西洋料理のはじまりー近代への移行と食生活/近代化と食糧制度ー世界大戦と食生活/ハンバーガーの登場ー現代社会の食生活

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
原田信男(ハラダノブオ)
1949年生まれ。国士舘大学21世紀アジア学部教授。明治大学大学院博士後期課程退学、博士(史学)。ウィーン大学客員教授・国際日本文化研究センター客員教授・放送大学客員教授を歴任。専攻は中世史、食文化史。著書に『江戸の料理史』(中公新書、サントリー学芸賞受賞)、『歴史のなかの米と肉』(平凡社ライブラリー、小泉八雲賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(10件)

総合評価
 3.5

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

802円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      新・魔法のコンパス
      新・魔法のコンパス

      西野 亮廣

      712円(税込)

    2. 2
      今昔百鬼拾遺 河童
      今昔百鬼拾遺 河童

      京極 夏彦

      820円(税込)

    3. 3
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    4. 4
      慈雨
      慈雨

      柚月 裕子

      820円(税込)

    5. 5
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ