朧村正
  • Googleプレビュー

朧村正 鳥篭姫と指切りノ太刀 (みのり文庫)
海法紀光

704円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
時は徳川の御代。戦乱の世はとうに過ぎ、天下太平の世の中で、眠りを貪る民衆の、その笑いの声が木霊する。だが一方、光あるところに闇深しとのたとえもあり、天下太平の昼の世を、陰で支える夜のもの。天下太平の昼の世を、陰から崩さんとす、邪なもの。悪念、因縁、邪念渦巻き、物の怪蔓延る裏の世界。その中心をと恒間見れば、果たして、そこにあるは、一人の刀工。千子村正。世に言う、妖刀村正でございます。日本全国津々浦々、この妖刀現れるところ争いあり。一本で、この有様だから、二本ともなれば、どうなるか。かたや、神仏魔衆の全てを切り裂く、妖刀の使い手、朧流継承者、飯綱陣九朗。かたや、元公儀隠密、妖刀に魅入られ、道あやまった、若き抜け忍、鬼助。二振りの妖刀は、親を同じにしつつも、共に天を戴かぬとばかり、深山幽谷の彼方にて、ぶつかるか。ぶつからないか。男同士の生き様に、花を添えるは女の役割。城を追われた悲運の姫、百姫が陣九朗と旅を共にすれば、隠れ里の娘、お静が、鬼助の心を揺らさんとする。二人の男に二人の女、二振りの刀。さらに、そこへ、有象無象、魑魅魍魎、怪力乱神が跳梁跋扈の右往左往。朧村正が、外伝の一つ、鳥篭姫と指切りノ太刀の巻。これより、開幕ー。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
海法紀光(カイホウノリミツ)
ゲーマー/ライター/小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

704円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】白銀の墟 玄の月 第四巻
      【予約】白銀の墟 玄の月 第四巻

      小野 不由美

      825円(税込)

    2. 2
      【予約】白銀の墟 玄の月 第三巻
      【予約】白銀の墟 玄の月 第三巻

      小野 不由美

      737円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】白銀の墟 玄の月 第二巻
      【入荷予約】白銀の墟 玄の月 第二巻

      小野 不由美

      781円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】白銀の墟 玄の月 第一巻
      【入荷予約】白銀の墟 玄の月 第一巻

      小野 不由美

      737円(税込)

    5. 5
      ロウソクの科学
      ロウソクの科学

      ファラデー

      572円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ