内奏
  • Googleプレビュー

内奏 天皇と政治の近現代 (中公新書)
後藤致人

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 内奏ー天皇と政治の近現代 821円
紙書籍版 内奏 820円

商品基本情報

  • 発売日:  2010年03月
  • 著者/編集:   後藤致人
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  246p
  • ISBNコード:  9784121020468

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
内奏ー臣下が天皇に対し内々に報告する行為を指す。明治憲法下では、正式な裁可を求める「上奏」の前に行われた。戦後、日本国憲法下、天皇の政治関与は否定され、上奏は廃止、内奏もその方向にあった。だが昭和天皇の強い希望により、首相・閣僚らによる内奏は続けられる。天皇は「御下問」し、それは時に政治に影響を与えた。本書は、「奏」という行為から、天皇と近現代日本の政治について考える試みである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「奏」の近代化ー上奏・内奏/第1章 上奏と陸海軍ー帷幄上奏と最終決定/第2章 内奏ー曖昧な慣習の姿/第3章 権力者たちの認識ー日記に登場する内奏/第4章 昭和天皇の「御下問」/第5章 敗戦直後の内奏ー廃止と継続の迷走/第6章 自民党政権下の内奏/第7章 平成の内奏ー代替わり後の継続と変化/終章 近現代日本の「内奏」とは

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
後藤致人(ゴトウムネト)
1968(昭和43)年神奈川県生まれ。92年東北大学文学部史学科卒業。98年東北大学大学院国際文化研究科アジア社会論講座博士課程後期満期退学。同年博士(国際文化東北大学)の学位取得。同年岩手県立大学盛岡短期大学部専任講師。2003年同助教授。05年4月より愛知学院大学文学部准教授。専攻は日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(12件)

総合評価
 3.44

ブックスのレビュー

  • (無題)
    Sonic
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年09月12日

    「内奏」という形態の内実を探ることで、天皇の政治関与の実情を探った著作。このユニークなアプローチは、昭和天皇の戦争責任論にもつながっています。
    戦後における「内奏」が事実の羅列にとどまっているのが残念でしたが、面白く読みました。

    0人が参考になったと回答

  • 昭和史
    OBマン1970
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年07月09日

    昭和史を天皇との関係で書かれ興味を持って読める。但し
    中公新書には「しおり」が入っておらず残念。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

820円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    4. 4
      恥をかかないスピーチ力
      恥をかかないスピーチ力

      齋藤孝(教育学)

      820円(税込)

    5. 5
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で…

      渡邉 義浩

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ