ソーシャルブレインズ入門
  • Googleプレビュー

ソーシャルブレインズ入門ーー<社会脳>って何だろう (講談社現代新書)
藤井 直敬

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年02月18日
  • 著者/編集:   藤井 直敬
  • レーベル:   講談社現代新書
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBNコード:  9784062880398

商品説明

【内容情報】(出版社より)
<内容紹介>
「ソーシャルブレインズ」は、「社会脳」と訳される、いまもっとも注目のキーワードです。
世の中には、人の数だけ脳があります。複数の脳がやりとりをすることで、人間関係や社会はなりたっています。見方を変えれば、脳は、そのような、他者との関係や社会の中で、初めてその機能を理解できるものです。
「ソーシャルブレインズ」とは、そんな「人間関係や社会に組み込まれた状態の脳の機能」のことです。「空気を読んだり、がまんしたり、人とつきあう」脳の機能です。
これは、専門家でなくても自然に理解できる考え方です。しかし、これまでの脳科学では、ソーシャルブレインズに着目した研究を行おうとしても、技術的な「研究の壁」に阻まれていました。
この壁を破りつつあるのが、著者の藤井直敬氏です。斬新な実験方法の開発を行うと同時に、「脳も社会も、ハブを持つネットワーク構造であり、共通したアプローチで理解できるもの」という考え方から、この新しい分野を切りひらきつつあります。
本書は、そんな著者の描いた「ソーシャルブレインズ研究の俯瞰図」であり「脳科学者が何を考えながら研究しているかを率直に綴ったノート」でもあります。やわらかな感性と冴えた知性、そして、毎日出版文化賞(前著『つながる脳』NTT出版)を受賞した魅力的な文章で語る、「新しい脳科学の時代」を告げる入門書です。
<目次>
第1章 ソーシャルブレインズとは何なのか?
脳はどうやって機能を拡張してきたのか?/ひとりきりの脳はどこまで脳なのか?/お茶とケーキに手を出しますか?/社会的ゾンビ/「空気」とゾンビ/脳の自由度について考える/透明人間になったのび太/創造性との関係/ハブという考え方/脳と社会と階層性ネットワーク……
第2章 これまでのソーシャルブレインズ研究ーー顔、目、しぐさ
顔はなぜ特別なのか?/脳はどのように顔を認知するのか?/目の力/しぐさの力/ミラーニューロンの意義と問題/自他の境界/仮想空間の腹腕/コミュニケーションとタイミング/鏡の中の自分は誰?/脳の中のペプシマンと身体イメージ/他者認知のしくみを読み替える……
第3章 社会と脳の関わりーー「認知コスト」という視点
ミステリで考えてみる/ミーティングで携帯を頻繁にチェックする部下/社会的駆け引き/頑固なサル/ルールと脳について考える/9・11のあとにアメリカで感じたこと/アイヒマンの発言「私は命令に従っただけだ」/ミルグラム実験/スタンフォード監獄実験/人は何でもやりかねない/脳と社会と倫理……
第4章 僕はどうやってソーシャルブレインズを研究しているか
第5章 ソーシャルブレインズはそもそもどこにあるのか?
キーワードは「関係性」/まず二頭のサルで考える/何でもかんでも記録する「多次元生体情報記録手法」/ECoG電極の試み/消えないコーヒーメーカー/脳内ネットワークの関係性をどう記述するか/「あの二人はつきあっているの?」/脳科学研究の革命
第6章 ソーシャルブレインズ研究は人を幸せにするか?--幸せとリスペクトの脳科学
脳科学が個人にできること/赤ちゃんとお母さんの関係/無条件で認めてくれる存在/リスペクトからはじまる/母子間コミュニケーションからソーシャルブレインズへ/ソーシャルブレインズ研究のこれから

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「空気を読む」「人とつきあう」脳のしくみとは?「自己と他者の脳が作る社会を前提として、その社会に組み込まれた状態の脳のしくみをとらえる」という考え方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ソーシャルブレインズとは何なのか?(脳はどうやって機能を拡張していたのか?/脳の性能を高める二つのやり方 ほか)/第2章 これまでのソーシャルブレインズ研究ー顔、目、しぐさ(顔はなぜ特別なのか?/脳はどのように顔を認知するのか? ほか)/第3章 社会と脳の関わりー「認知コスト」という視点(ミステリで考えてみる/閉じた社会への外来者 ほか)/第4章 僕はどうやってソーシャルブレインズを研究しているか(ソーシャルブレインズはそもそもどこにあるのか?/キーワードは「関係性」 ほか)/第5章 ソーシャルブレインズ研究は人を幸せにするか?-幸せとリスペクトの脳科学(脳科学が個人にできること/赤ちゃんとお母さんの関係 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤井直敬(フジイナオタカ)
1965年、広島生まれ。東北大学医学部卒業。同大医学部眼科学教室にて初期研修後、同大大学院に入学、1997年、博士号取得。1998年よりマサチューセッツ工科大学にて研究員。2004年、帰国。理化学研究所脳科学総合研究センター象徴概念発達研究チームを経て、現在は、同研究所同研究センター適応知性研究チーム・チームリーダー。主要研究テーマは、コミュニケーションと社会脳の神経機構の解明。著書に『つながる脳』(NTT出版、毎日出版文化賞)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(37件)

総合評価
 3.07

ブックスのレビュー

  • 内容が浅い薄い
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2012年08月19日

    はっきりいってつまらない内容。
    著者はもともと眼科医だったという。そして勉強(論文を読むこと)が嫌いと本文で堂々と宣言している。
    したがって当然の結論といえるが、記述に深みや知的刺激が非常に少ない。“ソーシャル”を銘打つのなら、もう少し社会心理学や社会学領域についても知識を得て、ソーシャル=人の営みとをつなげる記述をした方が、多層的な内容で面白みも出てくるであろうに、まったくもってそれがない。脳科学の用語をタラタラ説明しているだけ、1つ1つをチマチマと長ったるく説明しているだけで、非常に薄い内容である。
    また、これも論理的トレーニングを受けていない理系学者にしばしば見られがちだが、学術的に(一応でも)明らかとなっている事実と、自分の創造や思い込みを分けずに記述している。そのため、論理が飛躍しているように読めるし、共感もできないし、興ざめすることしばしばである。
    昨今の中身のない脳科学ブームに乗っかった駄作、と言わざるを得ない一冊。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

799円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    3. 3
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    4. 4
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    5. 5
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ