三つかぞえて
  • Googleプレビュー

三つかぞえて 日常の俳句 (めくってびっくり俳句絵本)
村井康司

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明



挿し絵はメリンダ・パイノさんが描いています。
オーストラリア人デザイナーで現在日本在住だそうです。
線と形と色がひとつのモノを描いているという印象で、どの句につけられている絵にもインパクトがありました。

句として面白かったのは「さっきから ずっと 三時だ」(岡田幸生)です。
こんな独り言みたいなものでも俳句になてしまうことに驚きました。
なんかわかるな〜と思ったのが、
「受話器から しやぼんの如き 母の声」(林圭)。
これはいいです。
母親の存在をすごくいい感じに表してくれている俳句です。
他にもいろいろいい句が載っています。(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子21歳、女の子16歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
俳句は、五・七・五の十七音からなる世界でいちばん短い詩です。かわいらしい鳥たちの日常をこっそりのぞいてみましょう。日常の俳句を14句収録。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
村井康司(ムライコウジ)
1958年、北海道函館生まれ。1993年に作家の小林恭二氏の句会で俳句をはじめる。俳句同人誌「恒信風(こうしんふう)」を1995年に創刊、編集人をつとめる。他に俳句誌「豈(あに)」同人

パイノ,メリンダ(Paino,Melinda)
1976年、オーストラリア・メルボルン生まれ。メルボルン・ヴィクトリア大学で絵と陶芸について学んだ後、ロイヤルメルボルン工科大学芸術学部テキスタイル制作学科でテキスタイルデザインを学ぶ。現在、フリーランスのデザイナーにしてフルタイムのママ。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

通常3〜4日程度で発送

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      がっこうだってどきどきしてる
      がっこうだってどきどきしてる

      アダム・レックス

      1,512円(税込)

    2. 2
      ルラルさんのだいくしごと
      ルラルさんのだいくしごと

      いとう ひろし

      1,296円(税込)

    3. 3
      続々ざんねんないきもの事典
      続々ざんねんないきもの事典

      今泉忠明

      1,058円(税込)

    4. 4
      こんぴら狗
      こんぴら狗

      今井 恭子

      1,620円(税込)

    5. 5
      きみ、なにがすき?
      きみ、なにがすき?

      はせがわさとみ

      1,296円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ