楽天大感謝祭!条件達成で+ポイント3倍(※ダウンロード商品を除く)!390円OFFクーポン配布中
誰にでもできる発声法
  • Googleプレビュー

誰にでもできる発声法 声を出すのが楽しくなる (NJセレクト)
熊谷卓

1,028円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年04月
  • 著者/編集:   熊谷卓
  • 出版社:   日本実業出版社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  206p
  • ISBNコード:  9784534046925

商品説明

■いまやよい声が求められるのは歌唱のみならず
発声法を学ぶといえば、歌唱目的がまず浮かびます。しかし、実際にはプレゼンや商談で声を武器にしたい人、子どもを育てる親や生徒を教える先生、さらに自分を印象よくアピールしたい就活生など、「声」に対するニーズは多様で、関心は非常に高くなっています。

■自分の声は誰でも変えられる
「自分の声は聞き取りにくいから思いが伝わらない」「声は生まれつきのものだから変えようがない」……自分の声に悩んでいる人は少なくありません。でも、じつは声は変えられるのです。しかも、1日数分のトレーニングで。声が原因で、これまで人前で話すことにためらいを感じている人でも、発声法を学ぶことで、人と話すのが苦痛でなくなり、ひいては、声も気持ちも明るく前向きになれるのです。

■発声のメカニズムを呼吸・発音・発声ごとに解説
息が音に変わり、音が言葉に変わり、言葉が声となって出て行くしくみを知りその方法を学ぶことで、単なる口先だけのテクニックではなく、全体を通した発声のしかたが身につきます。また、簡単な実験を豊富に取り入れているので、読みながらすぐ実践できまし、体を使ったトレーニングはイラストでやさしく解説しています。

■効果は発声ばかりではない
発声法の第一歩は「平常呼吸の呼」から始まります。息は止めない力まない……この自然な息の流れを身につけることが大切。これは「平常心」を養ううえでも重要ですし、スポーツや健康にも役立ちます。また、発音練習で、口蓋のどこでどの音を出すか、舌をどう使うかなどを知ることは、語学の学習にも役立ちます。つまり、発声法を学ぶことはいろんな意味を持ち、生き方を変えることにもなるのです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の声に悩み、声は変わらないものとあきらめている人も少なくないはず。しかし、呼吸・発音・発声の全体像を学ぶことで、声は変えられます。その気づきとなる簡単な実験やトレーニングを紹介。また、正しい呼吸法はスポーツや健康に、正しい発音は語学にも役立ちます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ なぜ発声法を学ぶのですか/1 発声のメカニズムを知ろう/2 呼吸のトレーニング/3 発音のトレーニング/4 声帯のトレーニング/5 魅力的な声を作ろう

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
熊谷卓(クマガイマサル)
1948年1月1日生まれ。東京都出身。声楽家、発声法講師。東京芸術大学声楽科卒。二期会オペラスタジオ卒。今西三典、柴田睦陸、高丈二、木下武久、各氏に師事。現在、二期会会員。日本声楽発声学会会員。「東京大学白ばら会合唱団」常任指揮者をはじめ、各地における多くの大学、市民合唱団の合唱指揮者、ボイストレーナーとして活躍中。また、朝日カルチャーセンター講師として「生きてるコーラス」「発声法」「ボイストレーニング」等の講座を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2011年07月31日

    内容は質量ともに読むに値するほどものではありません。ほとんで30分で読み終わりました。これなら書店での立ち読みで十分。購入して失敗でした。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,028円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ