本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

インタラクションの境界と接続 サル・人・会話研究から
木村大治

4,840(税込)送料無料

商品情報

商品説明

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 インタラクションの構造と理解(インタラクションと双対図式/霊長類学におけるインタラクション研究ーその独自性と可能性/インタラクションにおける偶有性と接続/意図性帰属の勾配ー他者に意図性を帰属することの起源)/第2部 インタラクションの境界(野生チンパンジーの「対面あいさつ」の記述分析ーその枠組みについて/実感されるろう文化ーコミュニケーションの逸脱の事例/「見る」-「見られる」による相互行為の創出と拡張ーチンパンジーの覗き込み行動の分析から/そのインタラクションを私たちはなぜ「遊び」と呼ぶのかーニホンザルのワカモノ間インタラクションの映像分析から/手話会話における分裂ー視覚的インタラクションと参与枠組み/偶有性にたゆたうチンパンジーー長距離音声を介した相互行為と共財のあり方/相互行為のポリフォニーーバカ・ピグミーの音楽実践)/第3部 インタラクションの接続(「Co-act」と「切断」-バカ・ピグミーとボンガンドにおける行為接続/話し手になること、話し手になろうとしないことーグループ・ディスカッションに見られる長い沈黙から/群れの移動はどのようにして始まるのか?-金華山の野生ニホンザル/バカ・ピグミーの歌と踊りー演技技法の分析に向けて/「より知る者」としての立場の確立ー言い間違いの指摘とそれに対する抵抗/チンパンジー同士の相互行為からうまれる食物の価値/相互行為を支えるプラグマティックな制約ーセントラル・カラハリ・サンにおける模倣活動の連鎖組織/相互行為は終わらないー野生チンパンジーの「冗長な」やりとり)

著者情報(「BOOK」データベースより)

木村大治(キムラダイジ)
京都大学・大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・准教授

中村美知夫(ナカムラミチオ)
京都大学・野生動物研究センター・准教授

高梨克也(タカナシカツヤ)
科学技術振興機構・さきがけ研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ