中世民衆の世界
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

中世民衆の世界 村の生活と掟 (岩波新書)
藤木久志

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年05月
  • 著者/編集:   藤木久志
  • レーベル:   岩波新書
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  245p
  • ISBNコード:  9784004312482

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦国時代、村では「領主は当座の者、百姓は末代の者」といわれていた。旅人にも開放されていた村のシンボル・惣堂や生産拠点であった周辺の山野などを舞台にくり広げられる土着の百姓の生活と村の掟を生きいきと描きだす中世民衆史。共同体として自立していきながら、近世にも継承される中世民衆の世界の深層にせまる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 村掟ー暴力の克服(村社会の暴力ー戦国前期/追放解除と村ー戦国後期/村と処刑者の財産/近世の村で)/第2章 惣堂ー自立する村(シンボルとしての惣堂/惣堂の落書を読む/惣堂と惣物ー自立の基礎)/第3章 地頭ー村の生活誌(戦国の村の訴状/在地領主と百姓/不在領主と百姓/人夫の報酬)/第4章 山野ー村の戦争(山野河海の利は折半で/紛争の激化と和解)/第5章 直訴ー平和への道(目安箱の登場ー戦場の村で/百姓の異議申し立ては秀吉自らがー豊臣期の村で/百姓直訴システムの広がりー豊臣期から徳川初期へ)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤木久志(フジキヒサシ)
1933年新潟県に生まれる。1963年東北大学大学院文学研究科修了。現在、立教大学名誉教授、文学博士。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年05月29日

    注目してきた藤木久志先生の新書がでたので注文。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

864円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    3. 3
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    4. 4
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    5. 5
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ