世代間格差ってなんだ
  • Googleプレビュー

世代間格差ってなんだ 若者はなぜ損をするのか? (PHP新書)
城繁幸

777円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年06月
  • 著者/編集:   城繁幸小黒一正
  • レーベル:   PHP新書
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  233p
  • ISBNコード:  9784569790213

商品説明

※楽天ブックスでは、商品に付属している帯は広告として扱っており商品の一部としておりません

若者は搾取されている! 現状を憂う政策集団「ワカモノ・マニフェスト策定委員会」が送る、次なる世代の将来をよくするための大提言。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どうやら日本の政治には、若者という視点は存在しないようだ。民主党政権は、国家公務員二割削減のために新規採用枠を四割近く削減した。目玉の子ども手当の財源も、結局は赤字国債である。まかり通る不公平。いまや政治のあらゆるプロセスが、次世代の若者たちに問題を先送りにしている。いまこそ若者は声をあげて立ち上がるべきである!本書では「雇用」「社会保障」「政治参加」「子育て・教育・家族」の四つの視点から、世代間格差の本質を明らかに。そして具体的な政策=ワカモノ・マニフェストを提案する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 労働ビッグバンが若者を救うー雇用問題(若者が消極的にならざるを得ない閉塞状況/終身雇用と年功序列が息苦しさの元凶 ほか)/第2章 「世代間公平基本法」の制定を急げー社会保障(社会保障こそ世代間格差の代表だ/「賦課方式」が不公平を生む ほか)/第3章 ユース・デモクラシーの構築ー政治参加(世代間格差は「いまそこにある危機」/高齢者の声に押されるメディアと政治家 ほか)/第4章 人生前半の社会保障の構築ー子育て・教育・家族(社会保障も若者向けの支出は少ない/教育・子育て・労働などにおける社会保障が必要 ほか)/終章 各政党マニフェスト評価ダイジェスト(雇用マニフェスト/財政・社会保障マニフェスト ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
城繁幸(ジョウシゲユキ)
1973年山口県生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通に入社。人事部門にて新人事制度導入直後からその運営に携わり、同社退社後に刊行した『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』(光文社)、『日本型「成果主義」の可能性』(東洋経済新報社)で話題に。『若者はなぜ3年で辞めるのか?』(光文社新書)では若者が職場で感じる閉塞感の原因を探り、大ベストセラーとなる。雇用問題のスペシャリストとして各メディアで積極的な発言を続ける。現在、人事コンサルティング会社「Joe’s Labo」代表取締役

小黒一正(オグロカズマサ)
1974年東京都生まれ。京都大学理学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学)。大蔵省(現・財務省)に入省後、財務総合政策研究所などを経て、世界平和研究所主任研究員、経済産業研究所コンサルティングフェロー。専門は公共経済学

高橋亮平(タカハシリョウヘイ)
1976年生まれ。明治大学理工学部建築学科卒業。2003年市川市議会議員選挙において最年少トップ当選。07年再選。09年に市川市長選挙に出馬も惜敗率90%で惜しくも敗れる。超党派議員300人の会である全国若手市議会議員の会会長、東京財団研究員などを歴任。テレビ朝日『朝まで生テレビ!』をはじめ、世代の代表として各メディアで発言を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(22件)

総合評価
 3.57

ブックスのレビュー

  • 世代間格差の本質は何?
    SAKURA姫
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年09月05日

    世代間格差について考えるとき、まずは憲法に保障されているように、勤労の権利と健康で文化的な最低限度の生活を営む権利があるという基本的人権を、全ての国民が享受できる社会を目指すべきだと思います。
    そう考えると、現在の雇用問題や企業社会の問題、政治の体質も憲法に反していると思いますし、メディアの論調も自己の利害以外に何を根拠に主張しているのか理解できないものが多いのは残念な限りです。
    年金に関しては単独の数値だけで見ると世代間格差は大きいのですが、50年前の大卒初任給は1〜2万円で物価も1桁違う時代でしたので、それを考慮すると収支が1桁違っていても現時点ではそれほど世代間の不公平感は無いように思います。厳密には平均所得や物価、社会の既存インフラの資産価値などを考慮して補正したような評価指数が見てみたいです。
    しかし、今後はこのようなペースで給与が伸びることは難しいと思いますし、年金制度の財源確保には既にかなりの無理がありながら、一方では非生存高齢者の家族らによる不正受給が多数発覚していますので、このまま制度を改革しないとしたら問題です。現在の受給者に対して給付額をカットしないならば年金制度の強制加入は止めてもよいと思いますし、バブル世代など恵まれ過ぎている層には負荷を掛けるべきで、それでも財源が確保できないならば年金制度全体を廃止してもよいと個人的には思っています。
    雇用問題にしても社会保障制度にしても若者にツケを先送りしているのは確かなので、問題の本質は政治の在り方、高齢者や権力者達の道徳観や倫理観でしょうか。格差社会や競争社会を肯定するならば、まずは憲法に謳われている基本的人権を国民全体に対して現実に保障できているような基盤を整えてから、そうした競争システムを社会に加味するべきだと思うのです。それが勝った人の義務と責任ではないでしょうか。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    g056015
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年12月19日

    「世代間格差」についての入門書ということで読んだ。
    間違いなく格差はあるとわかる良書だと思う。
    同時に、本書で問題点として指摘されていることが事実かどうか、
    自分でもできる事実確認や勉強をしなければならないと考えさせられた。
    当然だが、既得権者は何も教えてはくれない。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

777円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      【予約】「糖質過剰」症候群
      【予約】「糖質過剰」症候群

      清水泰行

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ