大阪ことば学
  • Googleプレビュー

大阪ことば学 (岩波現代文庫)
尾上圭介

928円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年06月
  • 著者/編集:   尾上圭介
  • レーベル:   岩波現代文庫
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  214p
  • ISBNコード:  9784006021689

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
客のややこしい注文には「惜しいなあ、きのうまであってん」と切り返す。動物園のオリの前の立て札には「かみます」とだけ書いてある。距離をとらずにさっぱりと、聞いて退屈せんように、なんなと工夫して話すのでなければ、ものを言う甲斐がない。誤解されがちなことばの意味と背後にある感覚を、鋭く軽快に語る大阪文化論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
なんなと言わな、おもしろない/せっかくものを言うてくれてるのやから/ネンが足らんは念が足らん/言うて、言うてや、言うてんか/理づめで動くが理くつ言いはきらい/よう言わんわ/ぼちぼち行こか/待ってられへんがな/大阪弁は非能率的か/大阪弁は非論理的か/笑い指向と饒舌の背後にあるもの/内なる大阪ことばを求めてーあとがきの代わりに

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
尾上圭介(オノエケイスケ)
1947年、大阪市淀川区生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。学生時代は落語研究会に所属。東京大学文学部助手、神戸大学文学部助教授を経て、東京大学大学院人文社会系研究科教授。博士(文学)。専門は日本語学、特に文法論。日本笑い学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • 故郷
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2012年05月05日

    何か知らない事が載っているかもと思い大阪田舎育ちながら読んでみました。
    ひとつ言葉の由来で知らなかった事が書いてあり、へーとなりましたが概ねは既知の当たり前でした。
    ただ、県外からの友人なんかは面白そうに読んでいましたよ。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月06日 - 2019年05月12日)

     :第-位( - ) > 文庫:第2002位(↑) > 人文・思想・社会:第1909位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

928円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      慈雨
      慈雨

      柚月 裕子

      820円(税込)

    2. 2
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    3. 3
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    4. 4
      蜜蜂と遠雷(上)
      蜜蜂と遠雷(上)

      恩田陸

      788円(税込)

    5. 5
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ