アメリカは本当に「貧困大国」なのか?
  • Googleプレビュー

アメリカは本当に「貧困大国」なのか?
冷泉彰彦

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 アメリカは本当に「貧困大国」なのか? 1,058円
紙書籍版 アメリカは本当に「貧困大国」なのか? 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2010年07月
  • 著者/編集:   冷泉彰彦
  • 出版社:   CCCメディアハウス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  231p
  • ISBNコード:  9784484102146

商品説明

『ルポ 貧困大国アメリカ』『ルポ貧困大国アメリカ(2)』
※楽天ブックスでは、商品に付属している帯は広告として扱っており商品の一部としておりません
『ニューズウィーク日本版』オフィシャルサイトで2009年、堤未果著『ルポ貧困大国アメリカ』批判を展開し、話題を呼んだ著者の待望の新刊。2010年1月の『2』刊行を機に、再び筆を執った。前作にも増してピントがずれている、このままでは日本人のアメリカ理解は深まらないーー。格差社会アメリカは日本の近未来? そんな「嘘」に騙されるな!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ、オバマの「チェンジ(変革)」と「ホープ(希望)」に対して、ブッシュ時代と同じようなネガティブな視線を投げかけているのか?なぜ、「結果の不平等」の悪例探しに熱中する一方で、少なくとも日本よりは実現されている「アメリカの機会均等」制度を紹介しないのか?21世紀型の「嫌米感情」とシンクロした『ルポ貧困大国アメリカ』に対する反証を行い「オバマのアメリカ」の1年半を検証する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 異議あり「貧困大国アメリカ」/第1章 オバマの「希望」を支える機会均等の思想/第2章 対外イメージは「チェンジ」したかーオバマの軍事外交/第3章 政争に粘り勝つ「希望」-オバマの医療保険改革/第4章 草の根保守を抜きにアメリカは語れない/第5章 オバマの経済政策に「希望」はあるか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
冷泉彰彦(レイゼイアキヒコ)
米国ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。1959年東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院修了。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米し、現在はプリンストン日本語学校高等部主任。ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトで「プリンストン発新潮流アメリカ」、メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「from911/USAレポート」、日経マネーで「冷泉彰彦の米国マネー最前線」を連載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(7件)

総合評価
 3.17

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ