夏の児童書・学習書フェア2022
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

言の葉(1) 茨木のり子集 (ちくま文庫)
茨木のり子

902(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (文庫)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介

しなやかに凛と生きた詩人の歩みのあとを、詩とエッセイで編んだ自選作品集。本書は『対話』『鎮魂歌』抄、など、50年代ー60年代の作品。(全三巻)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

しなやかに、そして凛と生きた詩人の歩みのあとを、年代別の詩とエッセイなどで編む1950〜60年代自選作品集。

目次(「BOOK」データベースより)

詩集 対話より(魂/根府川の海 ほか)/詩集 見えない配達夫より(見えない配達夫/敵について ほか)/詩集 鏡魂歌より(花の名/女の子のマーチ ほか)/エッセイ(はたちが敗戦/第一詩集を出した頃 ほか)/ラジオドラマ・童話など(ラジオドラマ 埴輪/童話 貝の子プチキュー ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

茨木のり子(イバラギノリコ)
1926-2006。大阪に生まれる。詩人。1953年、詩学研究会に投稿していた川崎洋と詩誌「櫂」を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(14件)

総合評価
 4.42

ブックスのレビュー(2件)

  • (無題)
    タカラッパ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年10月25日

    注文してから大分日にちがかかりましたが確実に落手。特に所載の詩「根府川の海」と「わたしが一番きれいだったとき」が読みたくて。一世代近く離れた女性詩人ですが、この時代のことは空気感・皮膚感でも心身に焼き付いています。手元において繰り返し読み重ねるつもり。

    1人が参考になったと回答

  • わたしが一番きれいだったとき
    garuhi21
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年03月22日

    茨木のり子の詩は何よりも言葉が洗練されていてスマートである。本書は詩とエッセイが編年体並べられた自選作品集である。代表作『みえない配達夫』の「わたしが一番きれいだったとき」も本書に収められている。全体にみなぎる言葉たちの緊張感とそのハーモニーが見事。読みごたえのある一冊である。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと11

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇
      あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇

      高田 郁

      748円(税込)

    2. 2
      medium 霊媒探偵城塚翡翠
      medium 霊媒探偵城塚翡翠

      相沢 沙呼

      990円(税込)

    3. 3
      希望の糸
      希望の糸

      東野 圭吾

      968円(税込)

    4. 4
      落日
      落日

      湊 かなえ

      858円(税込)

    5. 5
      【予約】名乗らじ 空也十番勝負(八)
      【予約】名乗らじ 空也十番勝負(八)

      佐伯 泰英

      814円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ