楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治
なぜ日本にアメリカ軍の基地があるのか[松本健一]
  • Googleプレビュー

なぜ日本にアメリカ軍の基地があるのか
松本健一

1,650(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2010年07月
  • 著者/編集:   松本健一
  • 出版社:   牧野出版(京都)
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  239p
  • ISBN:  9784895001359

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

アメリカの「保護国」のまま、65年が過ぎていたー。日本が戦争に負けたのは1945年。占領がとれたのは1952年。はたして、日本から駐留軍がいなくなるの日はやってくるのか?

目次(「BOOK」データベースより)

序章 占領されていた日本/1章 アメリカ軍基地は半永久的か/2章 有事駐留という理想/3章 独立国とはいえない今の日本、独立していた昔の日本/4章 アメリカ軍の基地が日本にある理由/5章 国家的まやかしからの脱出/付録 「日米同盟:未来のための変革と再編」全文、「日米安全保障条約(新)」全文

著者情報(「BOOK」データベースより)

松本健一(マツモトケンイチ)
昭和21(1946)年、群馬県生まれ。東京大学経済学部卒。麗澤大学比較文明文化研究センター所長。評論、評伝、小説など多方面で活躍。1995年に『近代アジア精神史の試み』でアジア太平洋賞、1998年には『日本の近代 第1巻 開国・維新』で吉田茂賞を受賞。『評伝 北一輝』(全5巻・岩波書店)で、2005年度の司馬遼太郎賞と毎日出版文化賞を同時受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ