CD

現在地
トップ > CD > J-POP > ポップス

DOWN TOWN / やさしさに包まれたなら
坂本真綾

1,404円(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

商品説明

15周年記念企画第4弾!坂本真綾が「ジャパニーズ・ポップスの原点」を見つめ直す、自身初のカヴァーシングル登場!!

山下達郎、荒井由実、加藤和彦…日本のニューミュージック史に残る巨人たちの、誰もが一度は耳にしたことがあるはずの名曲を、現代の個性派サウンドプロデューサー達と組んで、独自の解釈で仕上げた注目盤。
坂本真綾がまた新たなる一歩を踏み出しました。

【収録内容】
1. DOWN TOWN ※シュガーベイブ1975年の名曲を35人編成のビッグバンドで大胆にアレンジ
  作詞:伊藤銀次  作曲:山下達郎  編曲:服部隆之
2. やさしさに包まれたなら※荒井由実1974年の名曲が夏全開の爽快チューンに変身
  作詞・作曲:荒井由実  編曲:DEPAPEPE
3. 悲しくてやりきれない※ザ・フォーク・クルセイダーズ1968年の名曲をジャズピアノトリオとともに
  作詞:サトウ ハチロー  作曲:加藤和彦  編曲:J.A.M(piano trio from SOIL & “PIMP" SESSIONS)
他、インストルメンタル3曲

【タイアップ情報】

M-1. DOWN TOWN
●TVアニメ「それでも町は廻っている」オープニングテーマ
TBS他にて10月より毎週木曜日深夜放送予定(1クール)
「化物語」「荒川アンダーザブリッジ」のヒットメイカー新房監督が手掛ける、いわゆる「メイドもの」の形をとりながら、見る者をまったく萌えさせない(?)、まったく新しいジャンルを切り開く美少女下町人情アニメ。

M-2. やさしさに包まれたなら
●OVA「たまゆら」オープニングテーマ
2010年冬OVA発売(予定)
名匠・佐藤順一監督が「カレイドスター」以来7年ぶりの原作を手がけ、「ARIA」スタッフが再集結して製作した、瀬戸内を舞台にした優しさと幸福感あふれるヒーリングストーリー。

DVD付き初回限定盤はこちら!

『坂本真綾特集』はこちら!

タイトル(英名):DOWN TOWN/YASASHISA NI TSUTSUMARETA NARA

曲目タイトル:

[Disc1]
『DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら』/CD
アーティスト:坂本真綾
曲目タイトル:
 1.DOWN TOWN[3:58]
 2.やさしさに包まれたなら[3:55]
 3.悲しくてやりきれない[4:11]
 4.DOWN TOWN -Instrumental-[3:58]
 5.やさしさに包まれたなら -Instrumental-[3:55]
 6.悲しくてやりきれない -Instrumental-[4:08]

関連特集

商品レビュー

  • ノスタルジー
    San@豊田
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年12月23日

    坂本真綾による、少しノスタルジーを感じる3曲。
    DOWN TOWNは俺達ひょうきん族のテーマソングだったものをカバー。現在「それでも町は回っている」のOP曲。
    やさしさに包まれたならはユーミンの歌をカバー。OVA「たまゆら」のOP曲。
    やさしさに包まれたならは、魔女の宅急便でも使われた、メジャーな曲なので、知っている人も多いはず。
    3曲目は、フォーククルセイダーズの「悲しくてやりきれない」のカバー。
    いずれも、原曲とはキーやアレンジは異なるも、
    今聴くと何故かノスタルジックな気分に浸れる。
    坂本真綾の歌声も、その気分に合った感じでいい。
    3曲入り(プラス、インスト3曲の計6曲)なので、
    ちょっとお得かも。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年12月07日

    懐かしい曲なので買いました。OPに良くあってます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,404円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:J-POP

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ