秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > 詩歌・俳諧
ある子どもの詩の庭で[ロバート・ルイス・スティーヴンソン]
  • Googleプレビュー

1,650(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



ちくま日本文学全集の『幸田文』(文庫版)で、絵本作家の安野光雅さんが「こころのふち」という解説を載せています。

その中で谷川俊太郎さんの言葉をこのように紹介しています。

「人間は線のように成長して、子供の時代をおきざりにしているのではなく、年輪のように成長する、

つまりこころの断面の真ん中には、だれにも子供の時代がある。と考えたほうがわかりやすい」

ケストナーは「大切なことは、自分自身の子どものころと破戒されることのない接触を持ち続けること。

おとなが、子どもと同じ人間だったことは、自明でありながら、不思議なことではことに珍しくなっている」とこんな言葉を残しています。

ある『子どもの詩の庭で』は、出版前から気になっていた詩集でした。

絵が『ふくろ小路一番地』のイーヴ・ガーネットです。

『ふくろ小路一番地』は下町の大家族で育つ子どもたちの生き生きした子ども時代が描かれた名作だからです。

こんな回りくどいまえがきを書いたのは、この『ある子どもの詩の庭』を読んでいた時に浮かんだのが、谷川さんの言葉であり、ケストナーだったからです。

あの『宝島』を書いたスティーブンソンは、この詩を書く時にきっと自分の子どもの心の庭に立ち返ったのでしょう。

子どもの心に交信し続けていたであろう瑞々しい感性の詩がちりばめられています。

私がこの詩集の中で繰り返し読んだのは、「この本を読む子どもたちへ」という詩です。

一節をご紹介しまししょう。

「その庭に今もいるのは、その子の心。今も、心はその庭にとどまって、こうして遊んでいるのです」。

私はなぜ今もこうして子どもの本に関わり続けているのでしょうか。

それは、自分の子ども時代を振り返り、そこに確かな両親の愛に育まれて育ったこと、そしていつも周りに本があり、辛い時寂しい時を本が支えてくれたからです。

子どもたちの心が育つ段階で、子どもの心が、すかすかな状態を大人が作ってはいけない。

そのように私は考えています。

この詩集を読んでいただくとカバーの絵とカバーをとった本体の絵が違います。

そして、カバーのあとがきには「ぼくの子どもの日々を喜びで充たしてくれた同じやさしい声でこの本を読んでもらえますように」と献辞があります。

この隅から隅までいきわたった装丁の本を、でき得るならぜひ身近な大人の声で子どもたちに読み聞かせをしてほしいと私は思うのです。

すべての子どもたちが大人になってから、心の泉の中から子どもの心を汲みだせますように、また柔らかい心で子どもの庭に立ち寄ることができますように。

そんな願いと祈りをこの本から感じました。(はなびやさん 40代・愛知県 男の子8歳)


【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(「BOOK」データベースより)

忘れられない日々の喜びと悲しみ。冒険小説の古典『宝島』の著者ロバート・ルイス・スティーヴンソンが子ども時代の夢や憧れを歌った豊かな詩情あふれる名作詩集の豪華愛蔵版。

目次(「BOOK」データベースより)

夏の寝床/思い/海辺で/夜に見るもの/子どもの義務/雨/海賊の物語/見知らぬ国で/風の吹く夜/旅に出る〔ほか〕

著者情報(「BOOK」データベースより)

スティーヴンソン,ロバート・ルイス(Stevenson,Robert Louis)(スティーヴンソン,ロバートルイス)
1850年スコットランドのエジンバラ市に生まれる。病弱のため療養にフランス、アメリカと転地をくりかえした。1883年息子のために書いた冒険小説『宝島』が出版されるやベストセラーとなり世界的に著名になった。1889年家族と共にサモア諸島に移住したが、1894年脳出血のため44歳でこの世を去る

ガーネット,イーヴ(Garnett,Eve)
1900〜1991。1900年イングランドのウスターシャー州生まれ。奨学金をえて王立美術アカデミーで学ぶが病気のため半ばで断念した。ロンドンの児童会館の壁画を描いたり、1939年にはテイト美術館で展示会も開いている。児童文学作品に、ロンドンの下町の貧しい一家を描いて、第2回カーネギー賞を受賞した『ふくろ小路一番地』(1937年)があり、世界中の子どもたちに愛される古典となっている

間崎ルリ子(マサキルリコ)
1937年〜。長崎県生まれ慶應義塾大学図書館学科卒業後、アメリカに渡る。ニューヨーク公共図書館勤務を経て、1968年より神戸市の自宅で鴨の子文庫主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ