本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
吉原はこんな所でございました
  • Googleプレビュー

吉原はこんな所でございました 廓の女たちの昭和史 (ちくま文庫)
福田利子

777円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年10月
  • 著者/編集:   福田利子
  • レーベル:   ちくま文庫
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  294p
  • ISBNコード:  9784480427625

商品説明

三歳で吉原・松葉屋の養女になった少女の半生を通して語られる、遊郭「吉原」の情緒と華やぎ、そして盛衰の記録。解説 阿木翁助 猿若清三郎

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
三歳で吉原「松葉屋」の養女になった少女の半生を通して語られる、「吉原」の移り変わりの記録。徳川時代、官許の遊郭として発祥した吉原は第二次大戦中、女たちが軍に徴発され、戦後は占領軍対策にあてられ、売春防止法によって、終焉を迎えた。家の貧困を身一つにひき受けて吉原に来た娘たち、廓で働く人びとの姿、廓の華やぎや情緒を、暖かい眼差しで写しとる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 吉原遊廓(私の生いたち/引手茶屋の跡取りとして ほか)/2章 私が松葉屋に来たころ(女性の純潔が尊ばれた時代/昭和恐慌と吉原 ほか)/3章 戦時下に生きた吉原の女たち(非常時のかけ声の中で/松葉屋の周辺 ほか)/4章 民主主義の時代と吉原(進駐軍と慰安所/赤線の誕生 ほか)/5章 新しい時代に向かって(赤線の中で松葉屋を続ける/「はとバス」コースにのる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
福田利子(フクダトシコ)
大正9年東京生まれ。3歳のときに、吉原の引手茶屋「松葉屋」の養女となる。昭和13年、東京府立第一高等女学校を卒業後、養母の仕事を手伝いながら、茶屋の女将として仕込まれる。昭和26年、養母亡きあと、料亭「松葉屋」の女将を引き継ぐ。昭和33年の売春防止法施行後は、作家・久保田万太郎の支援を受け、花魁道中を復活。「はとバス」の夜のお江戸コースの中で、昔の吉原情緒を垣間見ることができた。松葉屋は平成10年惜しまれつつ廃業。平成17年、85歳で没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(23件)

総合評価
 3.78

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2013年07月05日

    戦前戦後の吉原の様子を描いた手記です。
    吉原史上最も大きな変化のあった時代の様子を当事者が語っているので興味深く読めた部分はあります。
    当然のことながら「雇い側」の目線で書かれているので、吉原が華やかであったこと、文化が花開いた伝統ある街というところに誇りを持っていて、身を売る娼妓の身の上はさわりだけという印象を受けました。
    実在の花魁の手記「吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日」「春駒日記 吉原花魁の日々」とは大きなギャップがあります。
    真逆の立場から書かれた吉原を読み比べてみるものいいかもしれません。

    0人が参考になったと回答

  • 実話を文章化できていて良かった
    339D
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年12月17日

    ご本人の生誕から吉原での生活および吉原で働く人々の生活が判り易く表現されており大変参考になりました。

    0人が参考になったと回答

  • 歴史と人情の記録
    芭村堂泉露
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年07月24日

    古典落語が好きで、良く舞台とされる吉原を知りたくなりました。この本は興味本位の内容ではなく、日本文化の記録です。吉原が格式や粋を重んじ人情に篤い、ある意味大きな家族的な雰囲気であったことがわかります。「必ず帰ってきてね」との戦中のくだりが悲しい。以前より本当に日本の性風俗は健全になったのだろうか、考えさせられました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

777円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    2. 2
      陸王
      陸王

      池井戸 潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      いまさら翼といわれても
      いまさら翼といわれても

      米澤 穂信

      734円(税込)

    4. 4
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    5. 5
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ