文士の私生活
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

文士の私生活 昭和文壇交友録 (新潮新書)
松原一枝

734円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年09月
  • 著者/編集:   松原一枝
  • レーベル:   新潮新書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  190p
  • ISBNコード:  9784106103865

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦後作家を輩出した伝説的同人誌「こをろ」とその時代、阿川弘之はじめ若き文士の卵たちとの交友にはじまり、広津和郎、坪田譲治、川端康成ら文豪たちとのざっくばらんな付き合い、白洲次郎、森茉莉、安部公房、亀井勝一郎、遠藤周作、有吉佐和子、そして宇野千代まで、昭和史を彩った文士たちの素顔、肉声、そして秘話ー九十四歳女性作家がつづる貴重な証言録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 同人誌「こをろ」とその時代(辰野隆の極上のオーバー/矢山哲治の文学めきき ほか)/第2章 文士たちの横顔ー戦時下にて(円地文子はただの奥さん/宇野さんは存在そのものがいい ほか)/第3章 文士たちの横顔ー戦中から戦後へ(月刊誌の編集者に/瓢箪から駒の処女出版 ほか)/第4章 戦後作家の人間模様(下北沢の文化人たち/森茉莉の純な心 ほか)/第5章 女流・宇野千代、男女のこと(中村天風の講演会/山口県人は嫌い ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松原一枝(マツバラカズエ)
1916(大正5)年、山口県生まれ。大連で少女時代を過ごし、同人誌「こをろ」で文筆活動を開始して以来七十余年。『お前よ美しくあれと声がする』で田村俊子賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

  • 文士の私生活は如何に
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年10月23日

    分かりやすい文章で、筆者が実際に見た文士の姿が書かれていて、読みやすい。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

734円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      論語と算盤
      論語と算盤

      渋沢栄一

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ