ゲゲゲの鬼太郎(青春時代)
  • Googleプレビュー

ゲゲゲの鬼太郎(青春時代) (角川文庫)
水木しげる

843円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ゲゲゲの鬼太郎 青春時代 842円
紙書籍版 ゲゲゲの鬼太郎(青春時代) 843円

商品基本情報

商品説明

あの鬼太郎の青春時代!? 幻の名作が復活!
1977年より「週刊実話」で連載された、鬼太郎の青春時代を描いた幻の名作が角川文庫に登場! 「続ゲゲゲの鬼太郎」「新ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代」全話を掲載順に収録した完全版。全2巻で刊行予定。

商品レビュー(9件)

総合評価
 4.22

ブックスのレビュー

  • 水木先生のご乱心時代???
    セラフィーム
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年07月26日

    この作品は「ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代」と共に、最高に異色度が高いものになっております。 時期的に赤塚不二夫先生の「天才バカボン」が等しくも、アナーキー路線というか、至極ぶっ飛んだ作風になった感じに近似しているかもしれませんw
    ある意味、下ネタ路線爆発で女人の裸が出まくったりする作風は、にわかに信じられませんし、無論のことお子様にお見せすることも出来ないでしょうw
    水木先生の作品はかなり蒐集が完了してきて、「姑娘(クーニャン)」で女性の乳首が描かれていることでさえも驚いた経験があるのですが、この作品に関してはそれを遙かに凌駕しておりますw
    あらすじ等をかいつまんで書いておきますと、作品自体は「週刊実話」に連載されていた「続ゲゲゲの鬼太郎」という作品で、かなりレア度は高いです。
    初っぱなから、鬼太郎は高校性まで成長しており、人間の中に溶け込んで生活しているという設定になっいます。(偽名で田中ゲタ吉としている所でさえ爆笑ものw)また、鬼太郎ファミリーではほぼねずみ男しか出ておらず、怪奇現象を解決する事はありますが、殆どチャンチャンコ・ゲタ・指鉄砲等の能力を使いませんし、鳥山石燕を踏襲した妖怪も殆ど登場は皆無です。
    アニメしか知らない方にとっては、元祖とも言える昭和44年前後時代の「ゲゲゲの鬼太郎 マガジン オリジナル版」の鬼太郎像でもショックを受けられるかもしれませんが、本作はそれ以上と言っていいアダルト色が強い作品でしょう。
    よって必然的に好き好みはとんでもなく分かれる気はしますが、個人的にはかなりぶっ飛んだ内容が好きでしたw

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年06月04日

    内容がエロ?ありと知ったのが注文後。アニメの鬼太郎しか知らないので、ショック受けたらどうしよう等と心配したが届いて読んでみると予想していたほどではなかったので一安心。
    ネズミ男がめっちゃスケベです。
    自分としては「田中げた吉」の物語として読んでますが....

    0人が参考になったと回答

  • 面白い
    りりぱっと18
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年05月23日

    こんなきたろうもいたのかと思うと面白いです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

843円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      この命、義に捧ぐ
      この命、義に捧ぐ

      門田隆将

      734円(税込)

    2. 2
      【予約】小説 天気の子
      【予約】小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    3. 3
      抗争
      抗争

      上田秀人

      669円(税込)

    4. 4
      絶唱
      絶唱

      湊 かなえ

      594円(税込)

    5. 5
      マチネの終わりに
      マチネの終わりに

      平野 啓一郎

      918円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ