本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
新聞記者で死にたい
  • Googleプレビュー

新聞記者で死にたい オウム事件と闘病の日々 (中公文庫)
牧太郎

740円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年11月
  • 著者/編集:   牧太郎
  • レーベル:   中公文庫
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  285p
  • ISBNコード:  9784122053960

商品説明

47歳の名物記者。週刊誌編集長としてオウム真理教追求のキャンペーンを張るなか脳卒中に倒れる。言語障害、右半身マヒ。拉致の恐怖にさらされつつの闘病生活……。不屈のジャーナリスト魂を描いた感動の手記。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
年齢四十七、職業は週刊誌編集長。首相のスキャンダルを、オウム真理教の悪徳を暴いた働き盛りの男が「地雷」を踏んだ。脳卒中で右半身の自由を奪われ言葉を無くした。死の誘惑が胸をよぎりながら、「もう一度社会悪と格闘するまで死ねない」と決意。壮絶な闘病生活が始まった…。感動の手記。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ある夜、脳が破壊された!/家族の名前が喋れない/地獄ー社会との断絶、会社との断絶/「オウム」の恐怖/脳卒中患者の「リストラ」と「離婚」/競馬が身を助け、悪友がー/「復職率五パーセント」の憂鬱/捨て身の生還作戦/病院から出社してみた/ワープロが僕を助けた/歩けた!退院だ/“天敵”中曽根元首相の手紙/卑劣なオウムの紙爆弾/障害者の大先輩/踏切を渡る“恐怖”、職場に戻る“恐怖”/「瞼の父」は新聞記者だった/牙を剥いた「オウム」/新聞記者で生き、新聞記者で死にたい

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
牧太郎(マキタロウ)
1944年、東京都生まれ。67年、早稲田大学第一政治経済学部新聞学科卒業後、毎日新聞社に入社。社会部、政治部、「サンデー毎日別冊」編集長等を経て、89年「サンデー毎日」編集長に就任。91年、脳卒中で倒れる。92年に職場復帰。97年、マスメディアとして初めてオウム真理教を追究した点が評価され日本記者クラブ賞を受賞。2002年、新設の毎日新聞専門編集委員に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • オウム・・・?
    ぽむ2770
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年02月05日

    純粋な闘病記ですね。オウムの話はいつでてくるのか・・・、ちょっとじりじりしながら読みました。
    それでも、坂本弁護士の災難なども盛り込んでいましたので、オウム話もありました。いろいろ大変だったんですね。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

740円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      慈雨
      慈雨

      柚月 裕子

      820円(税込)

    2. 2
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    3. 3
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    4. 4
      蜜蜂と遠雷(上)
      蜜蜂と遠雷(上)

      恩田陸

      788円(税込)

    5. 5
      愛がなんだ
      愛がなんだ

      角田 光代

      561円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ