「重不況」の経済学
  • Googleプレビュー

「重不況」の経済学 日本の新たな成長に向けて
向井文雄

3,240円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年11月
  • 著者/編集:   向井文雄
  • 出版社:   新評論
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  380p
  • ISBNコード:  9784794808479

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「重不況」とは、これまでに日本が直面してきた1930年代の「世界大恐慌」、90年代以降の「長期停滞」、リーマンショック以後の「世界同時不況」のように、「バブル崩壊で発生し、『流動性の罠』が生じ得るような大不況」を指す。本書では、この「重不況」下においては、需要制約や金融政策等に関して、通常の不況では表に出ない特異なメカニズムが顕在化すると考える。そして、経済成長や景気循環の分析に「需要の制約」の観点を導入し、実効性ある成長戦略のための理論的枠組みを提示する。さらにそれらの検討を踏まえて、日本が取り組むべき成長戦略と採用すべき政治経済システムに関して、独自の視座を提供する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本経済 沈みゆく日本:構造改革と長期停滞/第2章 経済成長 生産性とボーモル効果からみた経済成長/第3章 経済循環 セイ・サイクル:漏出と貨幣の流通速度/第4章 貨幣と経済 価格投資:金融・資産経済と実体経済+「バブル」/第5章 先進国経済 非価格競争:先進国と非価格競争戦略/第6章 政府 北欧型政府論:需要不足と政府支出/補論 経済学理論 フリードマン対ガリレオ:経済学の再構築

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
向井文雄(ムカイフミオ)
1951年富山県生まれ。東北大学理学部卒。財団法人北陸経済研究所情報開発部長兼地域開発調査部部長、富山国際大学非常勤講師、富山県知事政策室参事、同県職員研修所長等を経て、現在富山県民ボランティア総合支援センター専務理事。地方財政学会、計画行政学会、経済地理学会他会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,240円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ