本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

ドルがなくなる日 迫り来る中国・人民元の足音 (主婦の友新書)
江波戸哲夫

822円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ドルがなくなる日 648円
紙書籍版 ドルがなくなる日 822円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
リーマン・ショックで顕著になった、ドル威信低下の潮流。世界の基軸通貨として君臨してきたドルの足元が、今グラグラと揺れている。ひたひたと迫る中国の足音。その時日本は、世界はどうする!?ドルが一挙に世界のひのき舞台に駆け上がった第一次大戦から、近未来の驚愕のシミュレーションまでを大河の歴史の如くつづる。気鋭の経営コンサルタントと経済小説の妙手による、奇跡のコラボレーション。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ドルの掌の上から始まった現代史(ドルが国際通貨になった日/ためらうアメリカ ほか)/第2章 通貨が国家を手玉にとる時(手押し車に紙幣を詰めてードイツの超インフレ(1920年代)/通貨が投機の対象にーアジア通貨危機(1997年) ほか)/第3章 「ドル」を継ぐもの(ニクソン・ショックーブレトンウッズ体制の終わり/ドルの後継者ー円、マルク、そして人民元 ほか)/第4章 中国vs.アメリカ最終闘争2019年マネーは踊るー近未来シミュレーション小説(発端(2019年4月4日)/伏流1(2016年×月×日) ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
江波戸哲夫(エバトテツオ)
1946年生まれ。東京大学経済学部卒業。政治・経済がテーマの小説・ノンフィクションの小気味よい切れ味には定評がある

竹谷仁宏(タケヤマサヒロ)
1947年生まれ。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院経済研究科博士課程中退。住友金属工業では米国住金社長を務め、2001年ジャパン・ビジネス・ネットワークを設立し代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.75

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

822円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    3. 3
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      恥をかかないスピーチ力
      恥をかかないスピーチ力

      齋藤孝(教育学)

      820円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ