本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
うるさい日本の私
  • Googleプレビュー

うるさい日本の私 (日経ビジネス人文庫)
中島義道

720円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

電車や駅のアナウンス、街頭放送など、スピーカーから溢れる騒音に我慢できない著者は、抗議に出かけ徹底的に議論する。そこから見えたのは、他人への押しつけがましい“優しさ”を期待する日本人の姿だった。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
バスや電車の中、駅や観光地、デパートから不用品回収車まで、日本中にいたるところで“おせっかい放送”が聞こえてくる。「戦う哲学者」が孤軍奮闘、静かな街を求めて「音漬け社会」に異議を申し立てた話題の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 言葉の氾濫と空転(「実効を期待しない」言葉のカラ回り/なぜ「車内で人を殺すことはご遠慮ください」と言わないのか? ほか)/2 機械音地獄(ロマンスカー「音漬け号」/自分ひとりのために戦う難しさ ほか)/3 轟音を浴びる人々の群れ(マイクをにぎり絶叫する人々との「対話」/「情」が移るとやりにくい ほか)/4 「優しさ」という名の暴力(吉野弘の「夕焼け」/「優しい」人とは他人に「優しさ」を期待する人である ほか)/5 「察する」美学から「語る」美学へ(「音漬け社会」解体に向けて/子どもに「語らせない」先生たち ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中島義道(ナカジマヨシミチ)
1946年福岡県生まれ。東京大学法学部、教養学部卒業。哲学博士(ウィーン大学)。現在、「哲学塾」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

720円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    2. 2
      後宮の烏 3
      後宮の烏 3

      白川 紺子

      658円(税込)

    3. 3
      小説 天気の子
      小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    4. 4
      あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇
      あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇

      高田郁

      648円(税込)

    5. 5
      孤篷のひと
      孤篷のひと

      葉室 麟

      777円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ