なぜ取り調べにはカツ丼が出るのか?
  • Googleプレビュー

なぜ取り調べにはカツ丼が出るのか? テレビドラマと日本人の記憶 (メディアファクトリー新書)
中町綾子

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 なぜ取り調べにはカツ丼が出るのか? 799円
紙書籍版 なぜ取り調べにはカツ丼が出るのか? 799円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
取り調べ室で出されるカツ丼、駅のホームで叫び合う男女ー。これらの場面を実際に見た人はほとんどいないだろう。だが、幾多のテレビドラマで繰り返し表現されてきた結果、これらは「定番のシーン」として、われわれの記憶に刻まれている。ドラマ表現の分析を専門とする著者が、「ベタなシーン」がいかに生まれ、どのように定着してきたかを社会背景や番組の制行事情から考察する、画期的テレビ論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「ベタ」表現でめぐる記憶の旅/第1章 恋愛ドラマの主人公は傘をささないー恋する男女の記憶/第2章 食卓は今日も一席空いているー家族のいる風景/第3章 カツ丼と殉職が伝えるものー刑事たちのいる風景/第4章 新任教師は初出勤に遅刻するー学園と青春の記憶/第5章 なぜ社長は清掃員に扮装するのか?-オフィスで闘う男女の風景/終章 携帯電話があっても男女の心はすれ違う

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中町綾子(ナカマチアヤコ)
1971年、石川県生まれ。日本大学芸術学部放送学科教授。テレビドラマ表現の分析を専門とし、大学では作品研究、脚本論などの講義を担当。日本民間放送連盟賞中央審査委員、ギャラクシー賞選奨委員、放送番組センター番組保存部会委員などを務める。新聞各紙でもドラマ批評を連載し、プロデューサーや脚本家など制作者との親交も幅広い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 2.57

ブックスのレビュー

  • (無題)
    inyeon
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2012年05月27日

    本の内容についてではありませんが、楽天ブックスは会社名での領収書をもらうのが非常に面倒です。。。
    深夜休日を問わず思いついたら在庫確認・購入ができるのはよいのですが、「注文者」「送り先」の両方を会社名にしないと領収書は会社名でもらえません。
    (と、楽天ブックスさんからメールで教わりました。)
    「送り先」に会社名を書いて自宅住所と氏名を書いたら、戻ってしまったことがあり不確実だと分かりました。
    と言うことは自宅で使う社用の本も会社住所を書かねばならず、わざわざ重い本を自宅まで持って帰らなければなりません。
    何のための「通販」なんだか・・・。
    あえて目に付く商品レビューに書きました。
    楽天ブックスさん、改善お願いします。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

799円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      恥をかかないスピーチ力
      恥をかかないスピーチ力

      齋藤孝(教育学)

      820円(税込)

    3. 3
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ