銅鐸民族の悲劇
  • Googleプレビュー

銅鐸民族の悲劇 戦慄の古墳時代を読む
臼田 篤伸

2,200(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年12月27日頃
  • 著者/編集:   臼田 篤伸
  • 出版社:   彩流社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  264p
  • ISBNコード:  9784779115912

商品説明

【内容情報】(出版社より)
巨大古墳の出現と時を合わせて銅鐸文化は消滅した。天孫族の九州から大和への侵出は“神武東征”に象徴された“民族戦争”であり、敗者である銅鐸民族は奴隷として強制労働に駆り立てられ、巨大古墳作りの労働力とされた。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
巨大古墳群は被征服民族・銅鐸民族の奴隷労働の結果であり、そこは同時に古代日本版「収容所群島」だった。古墳時代“消耗システム論”を立証した異色の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
古墳時代ーこの奇妙な時代発生の謎/エジプト古王国文明の謎ーわが国の大古墳群の理解を深めるために…/ピラミッドと日本の巨大古墳の類似性/わが国古墳時代の特質ー支配と奴隷/古墳をめぐる諸説ー主流派の説/アマチュアの視点が求められる古代史説/古墳の真実への道標となる説/消耗システムの考古学的証明/消耗システムの現実的証明/近畿王権の古墳時代は“鎖国”だった/大国主神の正体/古代日本の収容所群島ーそれが巨大古墳群だった

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
臼田篤伸(ウスダトクノブ)
1945年長野県佐久市に生まれる。1963年長野県立野沢北高校卒業。1973年東京医科歯科大学歯学部口腔外科大学院修了、歯学博士、癌の細胞培養学専攻。1974年東京厚生年金病院歯科部長就任。1976年埼玉県川口市にて歯科医院開業。本業のかたわら風邪(インフルエンザを含む)、癌、日本古代史の研究に取り組む。日本歯科医師会、日本免疫病治療研究会、バイオハザード予防市民センター(代表幹事)、ワクチントーク全国、多元的古代研究会、古田史学の会、米沢興譲教会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 斬新な切り口
    PRIUS_20user
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年05月02日

    非常に興味深い内容に衝撃を覚えています。私の考えにピッタリと合った回答が得られた感覚です。日本のルーツを探している人にはお勧めの1冊です!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ