本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
近世日本建築にひそむ西欧手法の謎
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

近世日本建築にひそむ西欧手法の謎 「キリシタン建築」論・序説
宮元健次

2,705円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1996年01月10日
  • 著者/編集:   宮元健次
  • 出版社:   彰国社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  295p
  • ISBNコード:  9784395004362

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
教会建築は、度重なるキリシタン弾圧によって破壊され、またその影響を受けたとみられる建築もほとんど現存していない。そこで本書は、それらの失われた教会建築について、海外に散在する宣教師の報告書や書簡、あるいは国内の南蛮屏風や指図などの文献資料等から読み取ることを第一の目的としている。そして第二の目的は、現存あるいは失われた当時の日本建築のなかから、西欧文化の影響の見られる事例を発掘し検証することである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序 時代背景/第1部 日本近世の教会建築(教会建築の特徴/地方の教会建築/都の教会建築)/第2部 日本建築への影響(庭園建築/茶室建築/社寺建築その他)/結 キリシタン建築論

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,705円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ