[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
病いの語り
  • Googleプレビュー

病いの語り 慢性の病いをめぐる臨床人類学
アーサー・クラインマン

4,620円(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、慢性の病いをかかえた患者やその家族が肉声で語る物語を中心に構成されている。今日の生物医学によって軽視されがちなこうした病いの経験、語りこそが、実は医療やケアの中心に据えられるものではないか。著者は、病いとその語りを、微小民族誌などの臨床人類学的方法を駆使しながら、社会的プロセスとして描き出そうとする。そして、病み患うことが今日どのような変容をとげつつあり、来るべき時代の医療やケアはいかにあるべきかを明らかにしようとする。本書は、この分野に関心を寄せる広範な読者に向けて書かれている。慢性の病いのケアに携わった著者の臨床知や臨床姿勢が横溢し、すでに高い評価を得ている著作の邦訳である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
症状と障害の意味/病いの個人的意味と社会的意味/痛みの脆弱性と脆弱性の痛み/生きることの痛み/慢性の痛みー欲望の挫折/神経衰弱症ーアメリカと中国における衰弱と疲弊/慢性の病いをもつ患者のケアにおける相反する説明モデル/大いなる願望と勝利ー慢性の病いへの対処/死にいたる病い/病いのスティグマと羞恥心〔ほか〕

商品レビュー(6件)

総合評価
 4.5

ブックスのレビュー

  • 医療人類学の聖書
    k-sk0713
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2008年06月04日

    慢性疾患の研究のために購入しました。
    ナラティブで書かれたこの本。
    これからの研究手法の参考になると思いました。
    慢性疾患を学ぶものにとっては必須な本だと、
    解釈学的現象学を学んだ友達のお話です。
    確かに、そうかとも思いながら、
    ベナーの本と似た匂いがします。クンクン。
    医師の患者との関わりが具体化されて記述してあります。
    これもいわゆる、エスノグラフィーなんでしょう。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ