戦略としての家族
  • Googleプレビュー

戦略としての家族 近代日本の国民国家形成と女性
牟田和恵

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1996年07月
  • 著者/編集:   牟田和恵
  • 出版社:   新曜社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  216p
  • ISBNコード:  9784788505667

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の国家形成のなかで家族はいかに位置づけられてきたか。明治期の社会史的な資料や言説を読み込んで日本の家制度が個人を国民として教化編入する「近代的な」装置であったことを明らかにし、とくに女性や子供がもっていた国家との両義的な関係を鋭く解明する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 家族の歴史と理論(「家」と近代/家族の社会史から家族社会学へ)/2 近代日本の家族再考(「家庭」の登場とそのパラドックス/家族国家観再考)/3 女の近代のアンビヴァレンス(戦略としての女/「家庭」イデオロギーと女性)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,376円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ