楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
上杉鷹山と細井平洲
  • Googleプレビュー

上杉鷹山と細井平洲 人心をつかむリ-ダ-の条件 (PHP文庫)
童門冬二

514円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 上杉鷹山と細井平洲 500円
紙書籍版 上杉鷹山と細井平洲 514円

商品基本情報

  • 発売日:  1997年09月
  • 著者/編集:   童門冬二
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  250p
  • ISBNコード:  9784569570723
  • 注記:  『細井平洲の人間学』改題書

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
見事に復興なった米沢の地で平洲と鷹山は再会をはたした。二人とも無言で頭を下げ、目には涙があふれている。もはや師弟の間に言葉はいらなかった。-崩壊寸前の米沢藩をたて直した藩主・上杉鷹山。その苦しい藩政改革を陰で支えたのは師・細井平洲の教えだった。かの吉田松陰や西郷隆盛をも感動させたという細井平洲の思想とは?師弟の温かい触れ合いを通してその真髄にせまる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 上杉鷹山の師、細井平洲/第1章 実学者・細井平洲の思想-現実感覚なきリーダーの戒め/第2章 改革の始まり-「民の父母」思想に共鳴した鷹山/第3章 教科書『嚶鳴館遺草』-真の経済の道とは何か/第4章 鷹山・改革の本質-リストラのためには何が必要か/第5章 「心の壁」への挑戦-人心をつかむリーダーの条件とは/第6章 反乱の功罪-弊害を除くための「断」と「情」/第7章 藩校「興譲館」設立-「人づくり」のための教育の在り方/エピローグ 平洲の思想は死なず

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

514円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      残像に口紅を
      残像に口紅を

      筒井康隆

      802円(税込)

    2. 2
      サラバ! 上
      サラバ! 上

      西 加奈子

      680円(税込)

    3. 3
      ハゲタカ2.5 ハーディ(上)
      ハゲタカ2.5 ハーディ(上)

      真山 仁

      691円(税込)

    4. 4
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,047円(税込)

    5. 5
      ハゲタカ2.5 ハーディ(下)
      ハゲタカ2.5 ハーディ(下)

      真山 仁

      777円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ