本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

火車 (新潮文庫 新潮文庫)
宮部 みゆき

1,210(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消してーなぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

関連特集

商品レビュー(1,761件)

総合評価
 4.09

ブックスのレビュー(90件)

  • カード社会に警笛を鳴らす大作ミステリー
    ひげなしルイージ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年05月22日

    90年代初頭の作品です。タイトルの通り、借金にまつわるミステリーですが、カード社会の警笛を鳴らしつつ、誰もが自己破産の可能性を秘めているんだということを改めて感じさせてくれます。宮部さんの作品の中で最も好きです。厚い本ですが一気に読めました。

    9人が参考になったと回答

  • 鳥肌がたちました
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年12月28日

    はじめに出版された当時に読み、ドラマも観て、それを忘れて新聞広告に誘われて購入して読みました。
    あらすじは事前にだいたいわかってはいたのですが、あらためて今から当時の社会状況をふりかえり、感慨深いです。
    モデルとなった弁護士が今まさに活躍しているのも驚きです。
    一気読み、最後はやはり鳥肌がたちました。
    社会派ミステリーが好きな人におすすめです。

    2人が参考になったと回答

  • アチュコ0922
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年11月09日

    明らかに犯罪をおかしたと思われる「容疑者」
    その姿が、動機が、心情が、心理描写が、全て推測と憶測で
    その作風にまたも、作者の文章力の技術を思い知る。
    そして、ゴールとはどこなのか?
    物語の終盤にページが少なくなるにつれ、焦ってくる
    どうしてあと何ページでこの長い話を終わらせることが
    できようか・・。
    ゴール地点は、容疑者の、これからの道のりのスタート
    そんな余韻と想像力を読者に与える作品だった。

    2人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年07月15日 - 2024年07月21日)

     :第-位( - ) > 文庫:第1781位(↓) > 小説・エッセイ:第1260位(↓)

  • 日別ランキング(2024年07月25日)

     :第-位( - ) > 文庫:第1667位(↓) > 小説・エッセイ:第1115位(↓)

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      赤と青のガウン
      赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    2. 2
      【予約】透明な螺旋
      【予約】透明な螺旋

      東野 圭吾

      880円(税込)

    3. 3
      最後の晩ごはん 優しい犬とカレーライス(20)
      最後の晩ごはん 優しい犬とカレーライス…

      椹野 道流

      726円(税込)

    4. 4
      白鳥とコウモリ(下)
      白鳥とコウモリ(下)

      東野 圭吾

      880円(税込)

    5. 5
      高校事変 20
      高校事変 20

      松岡 圭祐

      924円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ