本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会

ミカドと世紀末(小学館文庫) 王権の論理
猪瀬 直樹

660(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  1998年04月01日頃
  • 著者/編集:   猪瀬 直樹(著), 山口 昌男(著)
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  384p
  • ISBN:  9784094023114

商品説明

内容紹介(出版社より)

日本人としてのアイデンティティを考える

いま日本にはグローバリゼーションの波が押し寄せている。本書は、「ミカドの肖像」で大宅壮一賞を受賞した作家の猪瀬直樹と「敗者の精神史」で大仏次郎賞を受賞した文化人類学者の山口昌男が既存の枠を超え、天皇制と日本人を論じた知的対談集である。また文庫版オリジナルとして、ダイアナの死をめぐる英王室についての特別対談を収録。天皇制や王制を論じることで21世紀に向け、日本人のあるべき姿が明らかになるはずだ。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

本書は、「ミカドの肖像」で大宅壮一賞を受賞した作家の猪瀬直樹氏と「敗者の精神史」で大仏次郎賞を受賞した文化人類学者の山口昌男氏が既存の枠を超え、天皇制と日本人を論じた知的対談集である。また文庫版オリジナルとして、ダイアナの死をめぐる英王室についての特別対談を収録。天皇制や王制を論じることで21世紀に向け、日本人のあるべき姿が明らかになる。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 ダイアナ妃と土俗としての天皇/第2章 天皇制の神話と実像/第3章 都市と天皇制/第4章 レジャーランドをつくった男たち/第5章 天皇崩御と祝祭空間/第6章 近代のなかの異人/第7章 心のなかのミカド/第8章 『ゆきゆきて、神軍』の提起したもの/第9章 世紀末の天皇制/第10章 王の身体と日本人/第11章 世紀末のミカド

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    2. 2
      白鳥とコウモリ(下)
      白鳥とコウモリ(下)

      東野 圭吾

      880円(税込)

    3. 3
      白鳥とコウモリ(上)
      白鳥とコウモリ(上)

      東野 圭吾

      880円(税込)

    4. 4
      転落の歴史に何を見るか増補
      転落の歴史に何を見るか増補

      齋藤健

      880円(税込)

    5. 5
      ことばの歳時記
      ことばの歳時記

      金田一 春彦

      825円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ