コラムニストと呼ばれて
  • Googleプレビュー

コラムニストと呼ばれて 横森理香の辛口コラム集 (扶桑社文庫)
横森理香

545円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1994年10月30日
  • 著者/編集:   横森理香
  • レーベル:   扶桑社文庫
  • 出版社:   扶桑社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  289p
  • ISBNコード:  9784594015565

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
週刊誌、女性誌、新聞などで大好評を博した人気コラム言いたい放題120本、一挙収録。「テレビ嫌いのテレビコラム」を始め、独断と偏見が基本のコラムは時に過激な色合いを見せる。しかし、ここで語られているのは、どれも著者自身の紛れもない本音であり、正義なのだ。遠慮、気取りのないコラムはユーウツな気分を吹き飛ばしてくれる。痛快そのものだ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
若者によるオジサン向けトレンド解説コラム(60〜70年代調の再来/ネオ・サーファーブーム/ユーミンの夜間用水中眼鏡の正体〔ほか〕)/独断と偏見の映画コラム(怖すぎ映画で梅雨を乗り切れ/女版『俺たちに明日はない』に涙ボロボロ/『恋する人魚たち』のシェールに胸キュン〔ほか〕)/テレビ嫌いのテレビコラム(『高校教師』日本の将来を暗示する“純愛”ドラマ/『浅草橋ヤング洋品店』ストリートレベルの有名人もズラリ/『振り返れば奴がいる』善玉・悪玉くっきり正統派ドラマ〔ほか〕)/なぞの新聞コラム(体も心も外国人/ちゃぶだい/母と子の絆〔ほか〕)/女性誌の時事ネタコラム(音楽シーンにおける“今どきの若いモン”は何を考えているんだ/皮膚科では治らなかったアトピー、私は“鍼とお灸”で治したのである。/フツーの娘がガイジンに群がる。いいじゃないの幸せならば、かなぁ。〔ほか〕)/世の中に対する文句と説教のモラム(日本のトレンディな大衆が幸福に死ねるために/「メール・ヌード」と「モックン・ヌード」はどこが違うか/日本の“ニューヨーク化”への険しい道のり〔ほか〕)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

545円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      絶唱
      絶唱

      湊 かなえ

      594円(税込)

    2. 2
      【予約】小説 天気の子
      【予約】小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    3. 3
      抗争
      抗争

      上田秀人

      669円(税込)

    4. 4
      自省録改版
      自省録改版

      マルクス・アウレリウス・アントニヌス

      928円(税込)

    5. 5
      旅仕舞 新・酔いどれ小籐次(十四)
      旅仕舞 新・酔いどれ小籐次(十四)

      佐伯 泰英

      788円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ