楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
追悼の達人
  • Googleプレビュー

追悼の達人 (新潮文庫)
嵐山光三郎

884円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年07月01日
  • 著者/編集:   嵐山光三郎
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  642p
  • ISBNコード:  9784101419060

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
死んでけなされた漱石。切腹を許されなかった鴎外。追悼によって世に出た宮沢賢治。臨終の田山花袋に「死ぬ気分はどんなものかね」と訊ねた島崎藤村…死にまつわるエピソードは、小説家の生身の姿を鮮やかに浮き彫りにする。文人たちは知人の死をどう捉え、どう表現したのか?明治、大正、昭和の文士四十九人の死に寄せられた傑作追悼文や弔辞を通して、近代文学の新たな一面を語る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
明治(正岡子規-死んで百余の句となる/尾崎紅葉-親分は哀しい/小泉八雲-死もまた「怪談」 ほか)/大正(上田敏-葬式に行かない理由/夏目漱石-漱石をけなした人々/岩野泡鳴-ちょうど死にごろ ほか)/昭和(芥川龍之介-「お父さん、よかったですね」/若山牧水-アル中患者を成仏させる/小山内薫-役者は死人にすがりつく ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
嵐山光三郎(アラシヤマコウザブロウ)
1942(昭和17)年、静岡県生れ。雑誌編集者を経て、作家活動に入る。’88年、『素人庖丁記』により、講談社エッセイ賞を受賞。現在は、近代日本の文学者たちを、様々な切り口から捉えなおすことを、テーマとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

884円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      残像に口紅を
      残像に口紅を

      筒井康隆

      802円(税込)

    2. 2
      僕と妻の1778話
      僕と妻の1778話

      眉村卓

      648円(税込)

    3. 3
      大きくなる日
      大きくなる日

      佐川 光晴

      626円(税込)

    4. 4
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,047円(税込)

    5. 5
      終電の神様
      終電の神様

      阿川大樹

      640円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ