潜水艦の戦う技術現代の「海の忍者」ーーその実際に迫る

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」ーーその実際に迫る (サイエンス・アイ新書) [電子書籍版]
山内 敏秀

1,188円(税込)

獲得ポイント:

楽天Koboの始め方
初めての方へ 楽天Koboへようこそ

紙書籍版も取り扱ってます!

楽天Kobo 電子書籍版 潜水艦の戦う技術 1,188円
紙書籍版 潜水艦の戦う技術 1,188円

商品基本情報

商品説明

知られざる海中の守護神の秘密


※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


海中に潜んで敵を討つ戦術の秘密に迫る


【潜水艦「せとしお」の元艦長が、本当の潜水艦の戦い方を1冊にまとめました!】


 国土を海に囲まれている日本は、輸出入の99.7%を船に頼っており、海を自由に利用できるか否かは国の存立にかかわります。


 日本が海を自由に利用することを邪魔しようとしたり、日本への侵略を企てるものによる海の利用を拒否する役割を果たすのが潜水艦です。


 潜水艦を運用する国はアジアでも増えてきています。


 また、アメリカやロシア、中国などは核弾頭を装備した弾道ミサイルを搭載する原子力潜水艦を保有し、核抑止力の重要な柱としています。


 本書では、国防に欠かせない潜水艦の戦い方を、潜水艦「せとしお」の元艦長が解説していきます。


【この本の内容(一部)】


●日本初の潜水艦は?

●世界初の原子力潜水艦とは?

●スノーケルとは?

●沈座とホバリングとは?

●なぜ、潜水艦は音を嫌うのか?

●どうやって魚雷を艦内に入れるのか?

●襲撃の手順は?

●潜望鏡襲撃と聴音襲撃の違いは?

●魚雷の射法とは?

●哨戒機との虚々実々の駆け引きとは?

●沈んだ潜水艦から乗員を助けるには?


【「はじめに」より】


 日本の「そうりゅう」型潜水艦が、オーストラリアに輸出されるかもしれないというニュースは、皆さんの記憶に新しいことと思います。この件に関する日本とオーストラリアとの交渉は今も続いていますが、お陰で潜水艦、特に通常型潜水艦が脚光を浴びることとなりました。この背景には、オーストラリアだけでなくアジアの国々における潜水艦部隊の創設や近代化、あるいは増強が活発に行われているという情勢があります。

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.33

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

楽天Kobo電子書籍版

1,188円(税込)

  • 電子書籍のお得なクーポン・キャンペーン

  • 人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪
  • もっと見る
全ショップ対象!
2018/3/25(日) 23:59まで
毎月5と0のつく日は
エントリー&楽天カード利用で
ポイント5倍
全品対象!
2018/3/30(金) 23:59まで
25,000円以上購入で使える!
40%OFF
5と0のつく日は楽天Koboがお得に!

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ