現在地
トップ > 電子書籍 > ビジネス・経済・就職 > その他

会話ははじめの4分がすべて [電子書籍版]
箱田忠昭

1,540(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   箱田忠昭
  • 発売日:  2017年08月31日
  • 出版社:  フォレスト出版
  • 商品番号:  5290489451718
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

◆はじめの4分を制すれば、相手が誰でも評価される

・3秒=会ったとたんの第一印象(容姿や服装などの外見)。

・30秒=挨拶・自己紹介・名刺交換等。

・3分=世間話・雑談。


コミュニケーションは、このはじめの約4分間を制するかどうかで決まります。

決まるというのは、その後に良好な人間関係を築けるか否か、

商談が成立するかしないか、面接で採用してもらえるかもらえないか……

つまり、自分の望みどおりの結果を得られるかどうかが決まるのです。


では、4分間の中でいったい何を話せば、

相手に好印象を与えることができるのでしょうか?


「相手との関係性は出会って4分間以内で決まってしまう」という

心理学者ズーニンの「初動の4分間(ザ・ファースト・フォー・ミニッツ)」、

そしてその4分をさらに細分化した「3・3・3の法則」をベースに、

本書では42のコミュニケーション術をお伝えしていきます。


◆もはや雑談はビジネスにおける必須スキル

雑談がうまいかどうかで

相手から評価されるか否かが決まるというのは、すでに常識です。


しかし、雑談を文字通りスキルと考えて身構えてしまうと、

ついついお勉強に陥ってしまうのも事実。

それでは、仕事もプライベートも心から楽しむことなんてできません。


そこで、本書ではお勉強に陥らないよう、「たった4分」という基準を設けました。

この4分だけ雑談を成功させることができれば、その後の関係性も成功します。

あるいは、成功への布石を打ったことと同じになります。


この4分の雑談で互いの関係が温まったと思えば本題へ入ればいいし、

楽しければそのまま続けたっていい。

雑談だけの関係を長期間続けてもかまいません。


いずれにせよ、たった4分の会話の入り口だけに集中さえすれば、

そして本書でそのためのテクニックを学びさえすれば、

「その後」の会話で苦労することがなくなります。


◆目次

まえがき *すべてを決める4分間の攻略法

プロローグ コミュニケーションの勝率を決める最初の4分を支配する方法

第1章 知らない人と3分で仲良くなる話し方

第2章 相手が勝手に好きになってくれる雑談を「聞く」技術

第3章 「ノー」を「イエス」に変える好感度UPの雑談術

第4章 頭の回転が速い人のモテる話術

商品レビュー(1件)

総合評価
 

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ