新しい時代の幕開け文明の進化へ

新しい時代の幕開け 文明の進化へ [電子書籍版]
新田論

990円(税込)

獲得ポイント:

楽天Koboの始め方
初めての方へ 楽天Koboへようこそ

商品基本情報

商品説明

はじめに

21世紀になっても一向に日本の経済は回復の兆しを見せません。

アメリカの一人勝ちで20世紀の世界経済は終わったものの、21世紀に入ってからは、アメリカ経済も怪しくなり、その規模が大きいだけに世界に与える影響は甚大なもので、ますます混沌とした世の中になってきました。

20世紀最大の経済危機であった、1920年代の終わりから30年代に起こった世界大恐慌と比較して、現象面だけを捉えますと、当時の方が遥かに深刻な状況であり、まだ現在の方がましだとの声も聞かれます。

確かに、物不足、失業者、自殺者など、それはまるで地獄絵のようであったようであります。

それに比べて、現在の状況は、物は豊かにあり、不景気と言っても贅沢品はよく売れているし、海外旅行者も依然多い現象を見ていますと、国民全般に深刻さが浸透しているようには決して思えません。

しかし、視点をもっと大きく致しますと、地球環境の悪化は当時と比べようのないほどの状況にあることは誰もが認めるところであると思います。

それと、経済のメカニズムに大きな変化があったことも見逃すことが出来ません。

当時、経済とは生き物と同じで、人為的な操作は不可能というのが常識でありました。飽くまで市場原理・原則に則した法則が働き、それは人間の持つ情念との絡みであり、理性や知性で制御できるものではないと考えられていました。

然しながら、1971年のアメリカの一方的な決定で、ドルと金との交換が出来なくなったことは、実質上も「金本位制」の廃止であり、以来貨幣経済は価値のベースになるものを失ってしまったのであります。

現在の世界経済のパラダイム変化は、この時に実は始まっていたのであります。

そしてコンピュータの飛躍的進歩により、1980年代に出現した金融商品は、貨幣の本来性である物品の交換手段を変えてしまい、貨幣そのものが物品となる博打性を強く持つ経済メカニズムに変化していったのです。

今や、経済というものは、人間の生活の基本から賭博性の強い、マネーゲームのカテゴリーになってしまったのです。

博打に必ず付きものであるのがイカサマであります。

博打は胴元が必ず勝つ。

現在の経済にも胴元がおり、イカサマが為されている。

つまり人為的なものに変わってしまったことを、我々はいまだに認識していないから、この経済の閉塞状態から抜け出せないでいると思うのであります。

今こそ、経済に対する視点を変えるべき時が来たのです。

現在の世界経済は、過去の延長線上でいくら構造改革などと言っても全く無意味なものになってしまっているのです。

新たな経済概念を以って、新しい世界経済のメカニズムを構築し、その中で、人間社会のみならず、地球レベルでの最適化を模索していかなければならない時代に我々は直面していると認識すべきであります。

新しい経済概念には、当然新しい豊かさの概念を見出さなければなりません。

今までの豊かさと違った概念とはどのようなものであるかを検証していこうとするのが本書の目的であります。

富裕とは、単にものが豊かであるという意味ではないはずです。

それでは「富裕」すなわち、人間はこのまま金持ちを目指そうとしているのか、徳持ちの時代に向かおうとしているのか」ついて検証してみようと書き始めてみたのであります。


【目次】

前半・富裕論=金持ちの時代から 徳持ちの時代へ


第一部 前近代経済史(経済の原点)

1富の定義/2蓄積の発想/3貧富の差の発生原因/4知性の誕生/5衣食住の原点/6食物における富/7住居における富/8衣類における富/9経済のパラダイム

第二部 近代世界の誕生

10近代工業社会の生い立ち

11自由主義思想と啓蒙思想/12官僚支配体制国家の日本/13官僚支配体制を壊せ/14日本人とは

第三部 二十世紀の総括

15血塗られた二十世紀/16二十世紀の日本/17明治時代(1868〜1912) 維新の元勲の功罪/18明治時代(1868〜1942) 日清戦争・日露戦争/19大正時代(1912〜1926) 平和な日本/20大正時代(1912〜1926) 第一次世界大戦/21昭和時代(1926〜1989) 欧米帝国主義が与えた悲劇/22昭和時代(1926〜1989) 世界大恐慌/23昭和時代(1926〜1989) 第二次世界大戦/24昭和時代(1926〜1989) 中東戦争/25昭和時代(1926〜1989) 朝鮮戦争/26昭和時代(1926〜1989) 冷戦の実体/27昭和時代(1926〜1989) ベトナム戦争/28平成時代(1989〜) ベルリンの壁/29平成時代(1989〜) 湾岸戦争/30平成時代(1989〜) 戦後の日本人/31平成時代(1989〜) 権力という麻薬/32平成時代(1989〜) 大阪の衰退は日本の衰退/33平成時代(1989〜) 大衆と民衆/34平成時代(1989-) 世界の動きについて行けない日本/35二十世紀の総括(〆)

第四部 我が国の建て直し

36社会主義国家・日本/37日本の大企業/38ボーダレス社会とグローバリズム/39足るを知る生き方/40中小企業が支える国・日本/41新しいルネッサンス・高度情報社会/42情報化社会とは/43コンピユータと人間の戦い/44高度情報化社会を人間復権社会に

第五部 世界のリーダーは、依然、アメリカか

45冷戦の勝負はアメリカの勝ちではない/46日本は依然階級社会である/47今後の中国の動向/48アメリカ ・日本・ 中国 三極構造の今後/49貨幣制度の崩壊が間近に迫っている

第六部 新しい価値の創出

50聖職の価値/51現代人の良心/52宗教と信仰/53これからの宗教と教育/54青少年の犯罪の遠因/55品のある政治家を/56先ず常識の殻を破る/57織田信長の突出した点/58聖徳太子の祭政一致の政治を/59日本の天皇制/60避けられない日本という国の特殊性/61ギリシャの良寛さんヘラクレイトス/62政治家という言葉を死語に/63独裁と独断の違い/64人間の良心とモラル/65政治と為政/66信念と信頼/67日本丸の行く着くところ/68政治家のモラルと企業家のモラル/69国民のレベル/70日本の国民意識のDNA/71聖職という職業/72正当な評価とは/73調和的生活による人格形成


後半は「新しい時代は本者(ホンモノ)志向の時代」

第七部 人間社会からお金が消える時代

74文明社会を支えた最大の功労者=貨幣(お金)/75パクス・シノアはやって来るか?/76貨幣制度(お金)の功罪/77貨幣(お金)の虚構性/78影の薄い実体貨幣(本位貨幣)

第八部 文明社会の終焉

79文明社会=小智社会/80大義社会/81大信社会/82小礼社会/83大仁社会・大徳社会/84小智社会から大徳社会へ/85文明社会の正体/86文明社会の次に目指すべき社会は信明社会/87義明社会/88仁明社会/89徳明社会/90聖徳太子の十七条憲法


第九部 立体的(三次元)歴史観


91三種類のお金(Money)/92文明の波=お金(Money)の歴史

第十部 映像の映像世界

93現実世界と虚構世界と幻想世界/94現代社会の人間の一生は仮想(映像)人生/95仮想(映像の映像)人生の正体/96実人生 V.S.仮想(映像)人生

第十一部 逆さま社会&正さま社会

97人生は映像/98仮想人生は虚像(映像の映像)人生/99現実社会=逆さま社会&仮想社会=正さま社会

第十二部 円回帰社会

100自然社会→人間社会→超自然社会/101始点と終点の違い/102超自然社会における価値観(新しい考え方)

第十三部 仮想社会=循環社会

103円回帰社会は映像(現象)社会/104映像(現象)社会=映像の映像社会/105実在社会(自然社会)&映像の映像社会(新しい人間社会=超自然社会)/106事実→真実→真理

第十四部 四次元循環社会=仮想社会(映像の映像社会)=真理社会

107事実社会&真実社会&真理社会

第十五部 電子マネ社会≡真理社会

108現代幻想社会は真理社会を超えて等しい社会

第十六部 貨幣制度の崩壊

109紙幣(お金)は間もなく消える/110貨幣制度の崩壊

第十七部 形のあるお金→形のないお金

111有限マネ&無限マネ

第十八部 お金(貨幣)の歴史

112形のないお金の生みの親=情報化社会/113利子のつくお金&利子のつかないお金/114お金(貨幣)の歴史=文明社会の歴史

第十九部 利子=利益の概念=差別意識

115男性社会だけにある差別意識/116超格差社会時代か?

第二十部 超格差社会≡超平等社会

117逆さまの逆さまは正さま

第二十一部 超格差社会か?

118逆さま社会の極み/119希望の2010年代か?

第二十二部 超平等社会か?(希望の10年)か?

120逆さまの逆さまは正さま/121希望の10年の可能性

第二十三部 超文明社会がやってくる

122一元論社会→二元論社会→三元論社会/123間違った二元論社会=好いとこ取りの相対一元論社会/124人間社会の終着駅=超文明社会

第二十四部 超経済社会

125肉食系から草食系へは進化か?退化か?/126文明社会は農耕型肉食系社会/127文明社会は肉食系社会/128超文明社会は草食系社会(女性社会)/129超経済社会=超文明社会=草食系社会(女性社会)

第二十五部 国家・政治・経済のない社会

130文明社会は二元社会/131超文明社会は三元社会

第二十六部 国家のない世界

132国家の概念/133実在性のない国家/134国家のない世界

第二十七部 政治のない世界

135政治の概念/136実在性のない政治/137政治のない世界

第二十八部 経済のない世界

138経済の概念/139実在性のない経済/140経済のない世界

第二十九部 超個人の時代

141 「個人の時代」と「組織の時代」を繰り返す文明社会/142「個人の時代」と「組織の時代」を超える超文明社会/143「個人」と「超個人」の決定的な違い/144「個人」を超える「超個人」の真の意味

第三十部 常識/非常識から超常識へ

145 常識/非常識の間違った二元世界/146常識/非常識の正しい二元から超常識へ

第三十一部 超える時代

147常識/非常識を超える/148不完全な知性から完全な知性へ/149潜在能力の意味/150万物の霊長の資格のない人間/151万物の霊長社会の所以

第三十二部 新人類の時代

152無知的生きもの=人類/153不完全な知的生きもの=人間/154完全な知的生きもの社会とは?/155人類(Mankind)→人間(Human being)→新人類(Womankind)/156新人類(Womankind)への道

第三十三部 いよいよ女性社会

157やっと正常な人間社会の時代が到来する/158メス社会&女性社会/159メスの潜在能力&オスの潜在能力/160人間の潜在能力/161いよいよ女性社会がやってくる

第三十四部 女性の仕事

162女性の役割&男性の役割/163戦争は男性社会の十八番(おはこ)/164差別・不条理・戦争は男性社会の十八番(おはこ)/165差別・不条理・戦争のない社会をするためには/166女性社会は女性の仕事によって

第三十五部 21世紀における仕事の概念

167世紀までの常識=21世紀からの非常識/168差別・不条理・戦争は20世紀までの常識/169支配・被支配二層構造の世襲・相続制度社会は20世紀までの常識/17021世紀からの常識/171女性の仕事の核/172男性の仕事の概念V.S.女性の仕事の概念

第三十六部 新しい時代の幕開け

173新しい時代の中心は女性社会/174新しい時代の新しい価値観/175新しい考え方=善と悪を超える理論=超理論/176新しい時代は本者(ホンモノ)志向の時代/177新しい時代の幕開けは本者(ホンモノ)によって為される


おわりに

前半の「富裕論」は2002年に執筆し、そして10年後の2012年執筆の「新しい時代の幕開け」を後半にして、文明社会が陥っている「金持ちの時代から徳持ちの時代へ」の変遷を検証してきました。

その結果、

まさに、21世紀は”新しい時代の幕開け”に相応しい世紀になりそうです。

そして見えてきたキーワードは「個人の時代」と「女性社会」になり、この世紀はまさに「徳持の時代」の幕開けの世紀になるようです。

新 田 論


【著者:新田論(にったさとし)の略歴】

1947年大阪府に生まれ、慶応大学工学部卒業後大手民間会社に入り、アメリカ・ヨーロッパ・中近東を拠点に活躍し、アメリカ滞在中の54歳で退社して執筆活動に入りました。これまで30年近く、地球上の各地を動きまわっていて、人間社会は本来「平和な社会」をめざしているはずなのに、いつまでたっても「差別・不条理・戦争」が続いているのはなぜだ・・・・?。

この強い思いから、地球上に人間が存在している意味を問う人文科学書として、これまでの視点とは違う「宇宙のしくみ」をベースにした、新しい理論の下で、哲学・人間学・自分学・自分探し学書として、日本語版・英語版を150冊位書き終えています。


彼の呼びかけで集まった仲間で「平成セミナー」を設立し、新田論を主宰者として、2003年より大阪で新田論講演会を毎月開催し、月刊誌「みおつくし」、「平成新聞」等を発刊し、勉強会として実践セミナー講座や、立体的歴史観講座などを開き、2011年から2016年5月までの5年間の講演会や勉強会の様子を「平成セミナー事業部YouTubeチャンネル」に、160本位を公開していますのでご覧ください。

ところが2016年5月、運転中に動脈乖離を患い、事故を起こしてしまい未だに入院生活が続き、総ての活動は中断しています。

このような状況下ですが、皆と相談して電子書籍版として発売開始しました。

E-Book化するにあたって、シリーズ名は人文科学の分野別とは違いますが、1新田論の自分探し書、 2新田論の自分学書、3新田論の人間学書、4新田論の哲学書、5新田論の一般書と五つに分け。そのサブタイトルは、1本当の自分へ、2錯覚の自分とは?、3文明の進化へ、4人類の進化へ、5小説・評論・詩集・随筆に設定しています。

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

楽天Kobo電子書籍版

990円(税込)

  • 電子書籍のお得なクーポン・キャンペーン

  • 人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪
  • もっと見る
全ショップ対象!
2018/3/25(日) 23:59まで
毎月5と0のつく日は
エントリー&楽天カード利用で
ポイント5倍
全品対象!
2018/3/30(金) 23:59まで
25,000円以上購入で使える!
40%OFF
5と0のつく日は楽天Koboがお得に!

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ