現在地
トップ > 電子書籍 > 人文・思想・社会 > 言語学
日本語の大疑問眠れなくなるほど面白いことばの世界

日本語の大疑問 眠れなくなるほど面白い ことばの世界 (幻冬舎新書) [電子書籍版]
国立国語研究所編

961(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   国立国語研究所編
  • レーベル:  幻冬舎新書
  • 発売日:  2021年11月25日
  • 出版社:  幻冬舎
  • 商品番号:  4380000405718
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

毎日あたりまえに使っている日本語。だが、ふと疑問に思うことはないだろうか。

そもそも漢字はいつから日本にあるのか?

「シミュレーション」を「シュミレーション」とつい発音してしまうのはなぜだろう?

「確認させていただいてもよろしいですか」は乱れた日本語なのか?

これまでの絵文字・顔文字とLINEのスタンプでは何が違う?

ことばのスペシャリストが集う国立国語研究所が、国民の抱く素朴だが奥深い疑問に呻吟(しんぎん)しながら出した名回答を厳選。

日本語の教養をこの一冊でアップデート!


●明治時代、犬は「カメ」と呼ばれていた

●漢字のない国にもキラキラネームは存在する

●江戸時代の「おじいちゃんらしい話し方」は関西弁だった

●「クールビズ」が流行って「省エネルック」はダメだったワケ

●「それから」「そして」「それで」はどう違うのか

●「最も~の一つ」は翻訳から定着したことば

●日本語は本当に難しい言語なのか


商品レビュー(21件)

総合評価
 3.59

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ