現在地
トップ > 電子書籍 > PC・システム開発 > その他
僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史

僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史 [電子書籍版]
古川 享

1,540(税込)

  • 発行形態:
  • 電子書籍

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   古川 享
  • シリーズ名:  NextPublishing
  • 発売日:  2015年12月11日
  • 出版社:  インプレスR&D
  • 商品番号:  4694802090100
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

本書は、古川享がアスキーに入社した頃のパソコン黎明期から、マイクロソフトの日本法人であるマイクロソフト株式会社設立の過程、MS-DOSから現在のWindowsに至るパソコンのOS(基本ソフト)がデファクトスタンダードになる過程、日本のパソコンの標準マシンであったNECの98シリーズが一時代を築き、その後、世界標準のDOS/Vマシンに移行する過程など、パソコンの進化の激動の時代を中心に、それぞれの時代の様々な現場で何が起こっていたのか、そこで輝いていた人たちの知られざる活躍を語ったものです。

【目次】

(抜粋)

■アスターインターナショナルでのアルバイト

■秋葉原、マイコンショップという文化の発祥地

■手作りだったヒット本『BASIC Computer Games』

■仕事2割、遊び8割、そこから様々なソフトウェアが生まれた

■世界初のラップトップコンピュータM100開発秘話

■日本の初代パソコン代表機PC-8001の試作機

■PC-98の陰になったPC-100の悲哀

■DOS/Vが標準になったパソコンの一番長い日

■辛くも勝利、PC-98搭載BASICのライセンス攻防戦

■UNIXの日本語化

■日本のパソコン史の金字塔、シフトJIS誕生の舞台裏

■マイクロソフトが作って売ったApple 2のZ-80ソフトカード

■CP/MとMS-DOS、運命の分かれ道

■ビル・ゲイツがWindowsの開発を決意した瞬間

特別寄稿:

・イノベーター達は秋葉原で出会った(檜山竹生)

・NEC-BASIC vs マイクロソフトBASICの舞台裏(吉崎武)

・MSX参加せず、PCエンジン誕生(後藤富雄)

・古川さんとNAVI(服部清幸)

・MSXのお話(山下良蔵)

ほか

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:PC・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ