現在地
トップ > 電子書籍 > ビジネス・経済・就職 > 産業 > その他
2025年を制覇する破壊的企業

2025年を制覇する破壊的企業 (SB新書) [電子書籍版]
山本 康正

990(税込)

24時間限定!1,000円OFFゲリラクーポン
24時間限定!1,000円OFFゲリラクーポン

商品情報

  • 著者:   山本 康正
  • レーベル:  SB新書
  • 発売日:  2020年11月05日
  • 出版社:  SBクリエイティブ
  • 商品番号:  4524815607590
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

コロナでテクノロジーの進化は10年早まった


コロナでテクノロジーの進化は10年早まった!


2020年1月、Amazonはアレクサとガソリンスタンドを交信するサービスのデモをテクノロジーの年次祭典CESで発表した。

これまで家の中のものとしか交信しなかったアレクサを屋外と交信させたこの発表は、Amazonが都市全体のデータを取り、ビジネスを広げていこうという意思を示している。

テクノロジーの進化がビジネス、はたまた我々の生活自体を大きく変えることはいうまでもない。

本書は、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft、Netflix、テスラ、クラウドストライク、ロビンフッド、インポッシブル・フーズ、ショッピファイという、2025年の世界に大きな影響力を持つ世界最先端11社を分析することで、5年後を読み解く未来予測書である。

著者は、「元・米ニューヨーク金融機関×ハーバード大学院理学修士×元グーグル×ベンチャー投資家」というテクノロジーとビジネスをつなぐ稀代の経歴をもつ。ここでのポイントは、ベンチャーキャピタリストが未来予測をするということにある。

テクノロジーに関する未来予測はさまざまな視点から提示されているが、アカデミア、エンジニア、ジャーナリストが行う未来予測には決定的に欠けている点がある。

それは、ベンチャーキャピタリストが行う「どのように投資し、儲けるか」という観点だ。

なぜなら、テクノロジーはその革新性だけではなく、ユーザーに受け入れられなければ、広く普及することはないからだ。


本書は、そんなテクノロジーとビジネスの交差点にいる同氏がファクトベースで2025年の未来を描くものである。

商品レビュー(25件)

総合評価
 4.04

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ