【VCの視点!】ベンチャーキャピタリストは決算書のどこを見るのか?〜フリーキャッシュフローとは?財務三表からみる重要指標!〜

【VCの視点!】ベンチャーキャピタリストは決算書のどこを見るのか? 〜フリーキャッシュフローとは?財務三表からみる重要指標!〜 [電子書籍版]
二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

398円(税込)

楽天Koboの始め方
初めての方へ 楽天Koboへようこそ

商品説明

【VCの視点!】ベンチャーキャピタリストは決算書のどこを見るのか?


〜フリーキャッシュフローとは?財務三表からみる重要指標!〜


2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。


今まで多くの決算書類を見てきました。


倒産するベンチャー企業。


成長するベンチャー企業。


様々な事例を目の当たりにしてきました。


決算書はその企業を映し出すものです。


どの数字を、どのように考えるのか、経営者の思考も見えてくる場合もあります。


本書では決算書にて、どの部分を確認すべきなのか、私なりの視点をまとめてみました。


キャッシュフロー、貸借対照表、損益計算書の財務三表の基本的なポイントもご紹介しつつ、重要指標についてまとめております。


■目次■


1、倒産回避では利益よりも大切!?キャッシュフローとは?


2、事例!長い回収期間の建設業界!


3、3つのキャッシュフロー


4、■営業キャッシュフローとは?


5、■投資キャッシュフローとは?


6、■財務キャッシュフローとは?


7、重要!フリーキャッシュフローとは?


8、財務三表とは?


9、貸借対照表とは?


10、損益計算書とは?


11、BSとPLの連動


12、ベンチャーキャピタリストは、どの項目を重視するのか


13、「経理」と「財務」の違い


14、決算書類から見えないもの


(文字数8002)


■筆者紹介■


2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。


様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。


今やIT、グローバルな時代。


AIやロボットが仕事をする時代です。


様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。


常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。


マイノリティが、未来を創るのです。


変えられるのは『自分』と『未来』だけです。


一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

楽天Kobo電子書籍版

398円(税込)

  • 電子書籍のお得なクーポン・キャンペーン

  • 人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪
  • もっと見る
全ショップ対象!
2018/3/25(日) 23:59まで
毎月5と0のつく日は
エントリー&楽天カード利用で
ポイント5倍
全品対象!
2018/3/30(金) 23:59まで
25,000円以上購入で使える!
40%OFF
5と0のつく日は楽天Koboがお得に!

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ