現在地
トップ > 電子書籍 > ビジネス・経済・就職 > 産業 > その他
すぐやる人になる仕事術100の法則

すぐやる人になる仕事術 100の法則 [電子書籍版]
桑原晃弥

1,584(税込)

商品情報

商品説明

内容紹介

【内容紹介】

・行動には「すぐやる「「やる」「あとでやる」「やらない」の4つある

⇒どうせ「やる」のなら「あとでやる」ではなく「すぐやる」を!

・「仕事は締め切りより早く」の効能を知ろう

⇒「すぐやる、早くやる」で締め切りより早い納期を心がける。

・「すぐやる」はミスにつながると誤解していませんか?

⇒「まずやってみる」を基本にしよう。たいていはうまくいく。

・「余計な仕事」を上手にやっても意味がない

⇒「やらない」ことも決めてしまう

・段取り八分の法則

⇒準備なしの「すぐやる」はかえって仕事を遅くする

・先延ばししたくなったら「少しだけ」

⇒気乗りしない時はとにかく「5分だけ」やってみよう

・プレマックの原理

⇒嫌な仕事は小分けして好きな仕事の間に挟んで処理しよう

・危険な「なる早」

⇒「期日」のない仕事は先送りする。すべての仕事に「締切日」を。

・制約こそが知恵を生む

⇒「残業はしない」と決めてみよう

・一度にできるのは1つだけ

⇒仕事量に圧倒されず、今日やる仕事を選び集中しよう。

・「朝令暮改」を恐れるな

⇒計画通りにこだわるな、こだわるべきは目標達成である。

・余裕があるなら「前倒し」でやっておこう

⇒締切りに関係なく、今できるなら「すぐに」やるを習慣に。

・100点を狙うな、60点でよい。

⇒結果を気にせず、まずは第一歩を踏み出そう。

・「あの人にしかできない」は「すぐやる」の妨げになる

⇒「あの人にしか」は標準化で「みんなにできる」にしていこう。

・「心理的安全性」を大切にしよう

⇒みんなが失敗を恐れずに生き生きと働く「すぐやるチーム」に変わる。

・リーダーは「コミュニケーション過剰」であれ

⇒リーダーはみんなの理解と納得を得る努力を惜しむな。

・目的は1つ、手段はいくつもある

⇒計画に際してはフリーハンドでさまざまなアイデアを出そう。

・どっちが正解か分からなければ両方やってみよう

⇒1つに絞り切れないなら同時に全部やってみればいい。

・小さく始めて大きく育てよう

⇒「大きく一気に」よりも「小さく少しずつ」を試してみよう。

・「やる」ではなく「やりきる」を徹底しよう

⇒実行は中途半端にせず、「やり切る」を心がけよう。

・PDCAの輪を少しずつ大きくしていこう

⇒常に「より良く」「より高く」を求め続けよう。


人気の「100の法則シリーズ」続刊。

“アイデアがあれば「まずやってみる」人になれ”

“「成功にはたくさんの失敗がつきものだ」と理解しよう”

“ムダを省いて「すぐやる人」になろう”

“すぐやる人を支える「チーム力」”

“すごいスピードで試行錯誤を繰り返せ”といった切り口から「すぐやる」をキーワードに、「すぐやる人になる」ための法則を100個まとめました。


【目次】

第1章 「すぐやる」ことのメリットを知ろう

第2章 「すぐやる」人になるための段取り術

第3章 「すぐやる」人の習慣術

第4章 「すぐやる」チームをつくるために

第5章 「すぐやる組織」のPDCAの回し方


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ