現在地
トップ > 電子書籍 > ホビー・スポーツ・美術 > 車・バイク > 
ニューモデル速報第474弾新型フォレスターのすべて

ニューモデル速報 第474弾 新型フォレスターのすべて [電子書籍版]
三栄書房

550(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   三栄書房
  • シリーズ名:  ニューモデル速報
  • 発売日:  2014年09月18日
  • 出版社:  三栄
  • 商品番号:  4926000000478
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

一歩先の世界へ

1997年に特異なクルマとして登場したのが初代フォレスター。4WDといえばクロカンかスーパースポーツセダンしかなかったような時代に、背の高いステーションワゴンが、4WDにいきなり250psのパワーを持って登場したのだから、当時は驚きと、正直いって困惑でした。しかしそれは、今考えればクロスオーバーの走りとなったのです。そんなフォレスターも4代目となり、もはや定着したブランドに成長しました。どんな成長ぶりなのか? それをこの本で確認しませんか。


■むしろオフロードにも力をいれたクロスオーバーに

初代フォレスターは全高1580mmと、今考えればそれほど背の高いクルマではありませんでした。ところが登場した1997年当時は、まだまだセダンの全高の常識は1400mmレベルと低いものでした。同年にビークロスやハリアーが登場しますが、それでも乗用車を基本としたクルマとしては、ルーフはかなり高いほうでした。しかし、よりクロスオーバーらしい使い勝手と、スタイルを持つべくフォレスターも進化してきたのです。現在では全高は1695mm。快適な室内空間を保ち、さらにオフロード性能&オンロード性能をともに高めています。


■XVがあったからこそできた、正常進化

フォレスターの進化がどうあるべきか? 北米での好調も受け快適性を重視した方向は、ひとつの大きな要素となっています。しかしながら、クロスオーバーのなかでもスペシャルティ的なエッセンスを持つXVが登場したことで、フォレスターはよりフォレスターらしい存在となることができたのではないでしょうか。快適性はさらに高めながらも、アーバンクルーザーとしての色を抑えることができ、いわゆるラギッドなヘビーデューティさを手中に収めることができたのです。堅牢さとスポーティな側面を合わせもつ、その魅力を確認してみてください。

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】ぼく モグラ キツネ 馬
      【入荷予約】ぼく モグラ キツネ 馬

      チャーリー・マッケジー

      2,200円(税込)

    2. 2
      焚き火道具の本
      焚き火道具の本

      1,650円(税込)

    3. 3
      現役引退
      現役引退

      中溝 康隆

      880円(税込)

    4. 4
      KISS&CRY氷上の美しき勇者たち
      KISS&CRY氷上の美しき勇者たち

      1,540円(税込)

    5. 5
      【予約】女子プロレスラーVISUALIST
      【予約】女子プロレスラーVISUALIST

      1,500円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ