現在地
トップ > 電子書籍 > 人文・思想・社会 > 教育・福祉 > 教育

学び直しの方法論 社会人から大学院へ進学するには [電子書籍版]
高木 聡一郎

1,100(税込)

  • 発行形態:
  • 電子書籍

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

商品説明

内容紹介

「学び直しには、方法論がある」。

「どうすれば効率的に学び、当面の目標に到達できるか」については、ある程度方法論としてまとめることができます。

どのような順番で、何から手を付ければいいのか。日々の積み重ねをどのように大きな成果にまとめていくのか。

本書は、社会人として働きながら、特に大学院の修士課程や博士課程で学びたい方に向けて、いかに効率的・確実に修士論文・博士論文を仕

上げ、卒業できるかを著者の体験を元に説明しています。

【目次】


第1章 学び方には方法がある

 1-1 モチベーションと方法論

 1-2 具体例(1):英語の勉強

 1-3 具体例(2):留学準備?

 1-4 具体例(3):博士号の取得


第2章 社会人にとっての研究入門

 2-1 研究と勉強はどう違うか?

 2-2 研究大学院と専門職大学院?

 2-3 社会人が大学院で学ぶ意義

 2-4 仕事との両立

 2-5 研究の進め方

 2-6 いつ論文の執筆をするのか?

 2-7 研究の手法:定量か定性か

 2-8 学び直しの意外な癒し効果


第3章 大学院の選び方

 3-1 指導教員

 3-2 立地

 3-3 大学院入試

 3-4 大学院のレベル


第4章 社会人大学院生のための「ダンドリ術」

 4-1 全体スケジュール作成時のポイント

 4-2 5年間の組み立て

 4-3 テーマを選ぶ

 4-4 テーマをつなげる

 4-5 先行研究を見つけよう

 4-6 先行研究の読み方・整理の方法 ~論文編

 4-7 先行研究の読み方・整理の方法 ~書籍編

 4-8 タスクを細分化せよ

 4-9 ツールを使いこなす

 4-10 ワードの機能を駆使せよ


第5章 研究をさらに進めるための考え方

 5-1 新しい研究手法を学ぶ

 5-2 アウトプット志向で学ぶ?

 5-3 締め切り効果

 5-4 すきま時間を活用する

 5-5 英語論文のススメ

 5-6 仕事で取り組んだ内容の取扱い


第6章 学び直しを支えるコンディショニング

 6-1 コンディショニング記録をつけよう

 6-2 気分転換をあらかじめ予定に組み込む

 6-3 一度に1つのことしかやらない

 6-4 深呼吸で自律神経を整える

 6-5 あえて「時間をかけて」やる

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ